サングレーザーは大健闘の3着

昨日、マイルCSに出走したサングレーザー

道中は中段より後方のインで折り合いもつき、脚をためる形。

最後の直線では巧く外に出して、

(福永騎手には罰金が課せられましたが・・・)末脚に賭けました。

よく伸びてはいるものの、先に抜け出したエアスピネル

併せ馬で伸びてきた同じ勝負服のペルシアンナイトには

かないませんでした。

でも、初のGI挑戦で、3歳が圧倒的に不利と言われているこのレースで、

(勝ち馬も3歳ですが・・・)3着は大健闘ですよね。

来年が楽しみになりました。

40口でこういう馬を持てると、

定期的に不労所得が入ってくるので、いいですね。

親族名義の準出資馬なので、私には一銭も入ってきませんが・・・。

さて、話がそれましたが、次はどこを使うのでしょう。

少なくとも年内は休養でしょう。

まさか、阪神カップとは言わないで欲しい。

そして、来年ですが、福永騎手のコメントから推測すると

東京新聞杯あたりからでしょうか。

東京新聞杯→マイラーズッカップ→安田記念くらいですかね。

安田記念に出るにはどこかで賞金を加算しておく必要がありますね。

ただ、私個人的には、高松宮記念でも面白い気がするんですよね。

ずばり、阪急杯→高松宮記念→京王杯SC→安田記念!

いずれにしても夢膨らみますね。

 

さて、今週はジャパンカップ

の裏でラプソディーア渡月橋Sに出走予定です。

まだハンデが発表されていませんが、そろそろオープン入りして欲しい所です。

問題は馬場ですね。

良馬場で内枠がひければ、このメンバーでも見劣りしないと思っています。



今日はマイルCSです

まず、昨日のレース回顧から。

出資馬、ヴァルディノートは好位でレースを進めるも、

直線、伸び切れずに5着でした。

ん~やっぱり良馬場では切れ負けしますね。

馬場の悪化を願っていたのですが・・・。

ルメール騎手からはハミ受けの悪さを指摘された様ですが、

まあちょっと役不足なのは否めません。

経験をつめば、もう一つ二つは勝てると思いますが、

この条件でのオープン入りは難しそうですね。

でも、意外とダートで一変するかなとはひそかに思っています。

もう少し、芝で距離を延ばすなど試行錯誤して、

3歳夏くらいからは、ダート路線にというのが青写真ですね。

 

そして、東京スポーツ杯2歳Sにも触れておきましょう。

ディープブリランテのときも大雨でした。

びしょ濡れで口取りしたことを懐かしく思いながら・・・。

レースはワグネリアンがとにかく強かったですね。

あの脚は本物でしょう。

来年のダービー候補の筆頭に出ましたね。

あとは、本番に弱いと言われている福永騎手が男になれるかですね。

 

そして、その福永騎手に今日お世話になるサングレーザー

良馬場になる予定だったのですけど、やや重くらいでしょうかね。

サトノアラジンなんかは重馬場全く苦手でしょうが、

エアスピネルなんかには向きそうだし、

どっちに転ぶんでしょうか。

準出資馬であることを差し引いて冷静に考えると、

今回は4~5着くらいまでかなという気はしています。

3歳が不利なレースであること、使い詰めであること、

この辺りを考えると、戴冠は来年以降かというのが正直な所ですね。

馬券的には、重馬場適正もありそうな、

⑦レッドファルクスから行くのが無難かと。

相手にはもちろん⑫イスラボニータを厚めに、

⑪エアスピネル、④サングレーザー ⑩クルーガーまで。

そして、④サングレーザーは単勝で応援馬券。

こんな買い方になりそうです。

 

 

サングレーザーが勝ったら、今日はもう1回更新します。

勝ったらみなさん祝福に訪れて下さい。

それでは、マイルCS Good Luck!!

 



ヴァルディノートが出走します

今日は出資馬、ヴァルディノートルメール騎手で、

東京芝1400メートル戦に出走します。

私の住んでいる地方は今日は朝から雨模様。☂

天気予報では東京もしっかり降る様子でした。

さあ、東京競馬場の馬場状態は??と楽しみにJRAの

ホームページを見てみると、

天候曇り、芝、ダートとも良馬場!

雨雲レーダーで見てみても、府中周囲に雨雲いないんですね。

レースは13時10分。

これは良馬場くさいなあ。

そのせいか、昨日は1番人気だったのが、今は2番人気。

重馬場ならば、買おうという人が多いんでしょうね。

でも良馬場でもスタートさえ決めれれば、やれていいと思うんですけどね。

坂路の時計が悪いのはいつものこと。

攻め駆けしないタイプなのでしょう。

天気が悪いに越したことはなかったけど、

逆にあまり人気にならないなら、馬券的妙味もあるかと思います。

 

そして、ラルムドールの追い切りを映像で見れました。

今週、東京スポーツ杯2歳Sに使うカフジバンガード

この馬と併せているんですね。

両馬とも馬ナリでしたが、手応え的に見劣りはしませんでした。

今週重賞に出る1勝馬相手に、

まだレースまで3週もある新馬がついていけるのだから、

なかなかのものでしょう。

こちらも期待が高まります。

 

その東京スポーツ杯の予想は、

ワグネリオン、ルーカスで逆らえないかな。

これは馬券を買うレースではなく、「見るレース」だと思います。