馬選びの基準は? パート6

さて、動画の見方の後編です。

前回までで後姿でトモの形をチェックしました。

次は、後肢が着地の際にぶれていないかをチェックしておきましょう。

着地がフラフラしている馬はトモが頼りない可能性があります。

最後にこれは個人的な好みなのですが、尾の振り方。

リズミカルでなんともいえない上品さを兼ね備えている馬はポイントがあがります。

この次に全面からの歩様が映されます。

基本的に馬の前肢の送り方は、コンパスを回すような歩行になっている

ことが多いのですが、着地の際に、極端に左右非対称に内側に斜線を

描くようになる馬がいます。

もちろん左右対称に内側に入り、前肢同士がぶつかりそうになる馬も

いるのですが、これらの馬は除外します。

あとは、膝が着地の際にフラフラしていないか。

これは後肢と同じですね。

ツアーなどで実馬を触れる人は大理石の様な触感の膝をしている馬を重視

するみたいですね。

大体、動画でのチェックポイントはこれくらいでしょうか。

私の場合はこれらを総合して、1点~5点の点数をつけていきます。

3回くらい採点します。

先入観をなくすために、前回の採点結果は見ない様にします。

この採点結果をもとにこの後の情報戦、票読みに入っていくわけです。

 

馬選びの基準は? パート6」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。