一口馬主ライフ いろは 最終回

北海道訪問記を挟んだため、

間隔があいてしまったこのコーナーも最終回。

今回は「引退」についてです。

出会いがあれば、別れもあり。

寂しいですが、この瞬間はどの出資馬にもいつか訪れてしまいます。

 

まず、わかりやすい牝馬から。

牝馬は繁殖に上がれるかどうかが鍵になります。

繁殖に上がれる場合は、出資代金の10%で牧場が買い戻しになります。

これは、GI馬だろうが、条件馬だろうが同じです。

なんか損した気分になりますよね。

ただ、良血馬は事故でもない限り、繁殖に上がれるので、

良血牝馬を買う際には、90%の値段と計算してみてもいいかもしれません。

実際、うちのリュラも未勝利でしたが、7000万円の10%で

ノーザンファームに戻っていきました。

そして、繁殖に上がれない牝馬は、まず健康面に問題なければ、

地方競馬オークションに出されます。

手数料をひかれた残りを出資者に分配されるんですね。

これは未勝利馬でも牡馬でも同じです。

数十万で落札できるので、申し込んでみようかという衝動に

駆られたことがありますが、その後の成績も見ていると、

あまり元は取れていない様ですね。

次に牡馬ですが、高齢で引退する様な馬は、

基本的に無償に近い額で乗馬クラブに出されたりします。

正直、そこから先はあまり知らない方がいい世界なのかもしれません。

そして、牡馬で最高の勲章が種牡馬入りですね

うちの馬では、先にも後にもディープブリランテだけです。

この時は、数億円で売却されました。

手数料(40%も取られるんですよ!)がひかれた残りが、

出資者に分配されます。

これを1年間で受け取ると税金が大変なので、

5年間に分けていただきます。

ちょうど、今年が最後になってしまうのですが、

ありがたい不労所得ですよね。

額は、大体1回60~80万円くらい。

5年間で漸増していく形になります。

代金は8月ごろに振り込まれます。

そう、ここ5年は、私が出資した1歳の代金くらいなのです。

ただで、出資できている様な感覚ですね。

これが、オルフェーブルドゥラメンテだったら、

どんな額になるんやろうと妄想してしまいます。

でも、貴重な種牡馬入りの体験をできているだけで私は幸せ者、

贅沢を言ってはいけませんね。

 

さて、このコーナーも本日で最終回。

お付き合いいただきありがとうございました。

 

これからは、キャロット2017年募集馬の特集が

しばらく続く予定です。