月別アーカイブ: 2017年8月

あまり、見れませんでした

週末にキャロットのDVDをしっかり見ようとしていたのですが、

なかなか忙しくてできませんでした。

(酔い潰れて寝てしまっただけ・・・)

なぜか、今年は社台系もキャロットも私のPCでは見られないんですよね。

テレビでは見られるので、DVDの問題ではないと思うのですが・・・。

今日はじっくり採点をしながら、見る予定なので、

明日には総評をアップしたいと思います。

夏競馬の馬券は例年のごとくさっぱりで、出資馬の出走もあまりなく、

ちょっと競馬への興味が薄れているというのもあるんですよね~。

昨日は競馬新聞を買ってもないんですよ。

こんなこと、何年ぶりだろう。

また、秋競馬が始まり、期待の2歳馬たちがデビューを迎えてくると

おのずと盛り上がっていくんでしょうがね。

というわけであまりネタがない更新でスミマセン。

競馬以外のネタも扱ってみようかなと思っている今日このごろでもあります。



キャロット2017年募集馬 Part2

さあ、今日もキャロット2017年募集馬で気になっている馬を

上げていきますね。

再度申し上げますが、今年は「✖」をもっていないので、

人気になりそうな馬はハナから諦めています。

今日はあえて、人気馬についても他人事の様にコメントを入れてみます。

 

11.ラドラーダの16

ご存じ、レイデオロの弟ですね。

レイエンダもすでに勝ち上がっており、

ラドラーダは優秀なお母さんといえそうです。

馬格もがっしりしていて、いいですよね、4000万くらいであれば

えっ!14000万?!

キャロット史上最高値じゃないかな。

いくら、ダービー馬の弟でも、ロードカナロアでこの値段はないでしょ。

コメントにも「新たなスプリント王」って書いてあるじゃないですか。

これ、一次募集で埋まらないかもしれませんね。

 

52.シーザリオの16

エピファネイア、リオンディーズの下ですね。

これも同じく、ロードカナロア産駒で14000万。

こちらは上がシンボリ産でも走っているので、

オークス馬の母の遺伝が強いと考えれば、

もう少し信頼性も高いかもしれません。

ただ、そう考えるなら、母がそろそろ高齢になってきている

事は頭の片隅に入れる必要がありそうです。

この価格で飛び込む気にはなれないですね。

残口出るとみています!

 

 

 

 

 

 



キャロット2017年募集馬 Part1

まず、馬体重、厩舎のチェックなど、カタログをざっと見て、

DVDはスマホで一通り見てみました。

今のところ、いいなと思ったのを何回かに分けて

述べていきます。

 

28 フォルテピアノの16

踏み込みの柔らかさは目を引くますね。

馬体重が小さいですが、ディーパワンサラプソディーアとも

ブリランテ産駒はわりと小柄でも走っているんですよね。

あとは皮膚は不健康そうなのが気になりますが、ここは

ツアーが終わったら、クラブに電話で確認です。

 

74 カニョットの16

雄大な馬体が気に入りました。

少しのんびりしている気もしますが、長距離血統なので、

これくらいでもいいのかもしれません。

脚の前後のバランス、角度なんかも好感が持てます。

 

とりあえず、今日は2頭あげておきます。

週末にじっくりDVDを見るので、また追加したいと思います。