ラルムドール、デビューへ向けて

昨日はラルムドールの1週前追い切りが行われました。

予告通り、ルメール騎手に跨ってもらい、

栗東坂路でタイムは52.6-12.8でした。

タイムは先週と同じ程度でしたが、

古馬相手に大きく先着したことが評価できますね。

ここまでは、順調そのものです。

ところで、ずっと坂路での追い切りが続いてますが、

CWで長めからの追い切りはしないのでしょうか。

この厩舎の出資は初めてなので、よく傾向がつかめません。

過去のクラブ所属馬を見てみると、

CWで追われているケースもあるのですがね。

この辺りは、何かついでがあるときにクラブに電話で

聞いてみようと思っています。

あと、心配なのは除外ですか。

中京にも中距離戦が組まれているので、

そこまで集中してこないとは思うのですが、

せっかくルメールさん確保したのに、スライドは避けたいですね。

 

そして、今週のギャロップディープインラヴが写真付きで掲載されていました。

「ここまでは順調そのもの」的なコメントが出ていましたが、

ん~当たり障りのない無難な内容だなという感想。

ダービー馬の全弟という良血なので、

もっと心躍るコメントが出てもいい気がしますが、

あまり良血でない馬と変わらないコメントな気がします。

待ちぼうけを食らっている現状を考えても、

少し期待感は落とさずにはいられません。

そろそろ入厩の声がかかりそうではあるので、

不安を打ち消す様な軌跡を描いて欲しいものです。