競馬の祭典!

さあ本日はいよいよ日本ダービーです。

3歳馬の頂点を決める、大一番。

生涯で一度のチャンスしかありません。

この季節が来ると思い出します、6年前の奇跡を。

食事も喉を通らないほどの緊張感で府中へ向かったのは、

もう遠い昔の様です。

あれから、府中へは一回も行っておりません。

次にあの舞台に立てる日はいつになるのであろうか。

それを夢見て日々頑張っている自分がいます。

 

さて、感傷にひたるのはこれくらいにして。

昨日はフェルメッツアが障害デビュー戦を迎えました。

結果は大きく離れた12着でした。

ゲートで全て決まった気がしますね。

後方にいたのであまり映像に映らず、

飛越の良しあしはあまりわかりませんでしたが、

まあ今回はデビュー戦でしたし、次回以降に期待ですね。

あのオジュウチョウサンも初戦は殿負けしているくらいですからね。

 

そして、ダービーの予想行きましょう。

今年は軸馬が不在です。

勝つ可能性のある馬はたくさんいるが、

3着は絶対はずさないであろうという軸馬候補がいないんです。

まず、1番人気に押されている、①ダノンプレミアム

これは言わずもがな、臨戦過程と距離不安が疑問ですね。

全てがそろわないと勝てないこのレース。

朝日杯を見るに、マイルであのパフォーマンスが出来る馬の適正が、

マイルでないわけがない!

ましてや、過剰人気になっている!

ということで切らせていただきます。

枠順が出るまでは、軸候補にしていた⑰ワグネリアン

気の毒な所に入ってしまいました。

ただでさえ福永騎手の大外ブン回しはあまり評価しておらず、

相手候補までとします。

⑫エポカドーロは展開に恵まれた皐月賞馬、

⑮ステルヴィオは距離不安、

⑤キタノコマンドールは経験不足。

⑤キタノコマンドールは1年目のバヌーシーに容易く勝たれてたまるか

という思いもありますが・・・。

ということで、1頭ずつ外していくと、

あまり欠点がつかなないのが、

⑥ゴーフォザサミット⑩ステイフーリッシュあたりになります。

個人的に蛯名騎手にダービーを勝たせてあげたいという思いもあり、

⑥ゴーフォザサミットからを厚めに、

⑩ステイフーリッシュ⑧ブラストワンピース⑯ジェネラーレウーノ、

⑰ワグネリアンまでを絡めた馬連ボックスで行こうかと思っています。

ただし、かなり無理して出走してくる馬もいるでしょうから、

馬体重パドック気配にも注意が必要です。

 

それでは、みなさま、祭典をお楽しみください!!

 

じゃじゃ馬グルーミン★UP! 漫画文庫 全14巻完結セット (小学館文庫) [マーケットプレイス コミックセット]