2018年 キャロットクラブ 募集馬 Part2

みなさま、選馬はすすんでおられるでしょうか?

社台系に比べると、頭数が少ない分、

じっくり、ゆっくり眺められますよね。

こちらは、大体、めぼしい馬のピックアップが終わりました。

今週末に10頭くらいに絞るつもりですが、

本日は気になっている馬を何頭かコメントしてみたいと思います。

 

2.ミュージカルロマンスの17

全体に小柄印象のある今年のディープ産駒。

この馬も現時点では小柄ですが、5月産まれにてどこまで成長できるか。

ディープ産駒の中では一番評価です。

あとは値段・・・。

 

7.ペルレンケッテの17

かなり柔らかみがあっていい感じですね~。

前傾姿勢でかなり重心が低そうなのが、ちょっと賭けにはなりそうですが・・・。

 

8.ローガンサファイアの17

これもロードカナロア産駒。なかなかいいですね~。

初仔にてやや小柄なのと母系の成長力をどう判断するか。

 

10.エクレールアンジュの17

これまたロードカナロア産駒。

関東のロードカナロア産駒のなかに当たりがいる気がします。

この馬はトモの形は一番評価です。

ちょっと重たい感じもするのですが・・・。

 

35.ゼマティスの17

活気があり、歩様も真っすぐで好感が持てます。

あまりご縁がない厩舎なので、

少し情報収集が必要ですが、

値段を考えると、お買い得感があります。

 

48.ヒストリックスターの17

リュラにぼったくられた恨みを忘れるなら、評価は高いです。

胴が長く、長距離適性もありそう。

キンカメを付けるのははじめてなんですね。

高額なので、慎重に判断したいですが、

候補には入ってくるでしょうね。

 

54.パッシフローラの17

遅生まれにしては、トモがしっかりしています。

若干、左前肢の形が気にはなりますが、

動きもよかったです。

厩舎がわかりません。(笑)

 

79.ピースアンドウォーの17

柔らかい歩様ですね。

走ってきそうです。

タピットの牝馬の価格基準がわからないのですが、

候補には入ってきますね。

 

 

と、まあこんな所がよく見えました。

来週からは情報収集をしていきます。