富士ステークス予想 大荒れ??

来週はいよいよグラウクスがデビューします。

地方馬中心の血統構成なのに、

中央で募集された本馬に何かを感じていたのですが、

どうやら現実になりそうです。

2週続けてCWでなかなかの時計を出しています。

今週は公式でも本文中と調教欄でタイムが大きく異なっておりますが、

少なくとも悪いタイムではありません。

私の出資馬で調教駆けするタイプといえば、

文句なくディープブリランテでした。

2歳時の追い切りタイムを比較してみると、

グラウクスの方がいいタイムが出ているんですよね。

西園厩舎でCW追いって珍しいな??

などハテナな部分はあるんですが、ちょっぴり期待しちゃっています。

 

今日は富士ステークスですね。

サングレーザー天皇賞に控えている身としては、

2つの注目点があります。

まず、エアスピネル福永騎手が騎乗するということ。

関東圏の競馬であり、スポットでの依頼ではないのでは?

マイルCSエアスピネルが福永サングレーザーはモレイラ継続。

という図式が出来上がります。

ひょっとしたら年末の香港までモレイラでいく計算なのかもしれません。

一旦騎手免許騎乗したら香港で乗れない??

その辺は知りませんが・・・。

次はペルシアンナイトがここを使ってくるということ。

別定戦ですが、59㎏です。

あまり府中のマイルが向いてそうでもありません。

大阪杯2着でもあり、天皇賞に向かうのがセオリーでしょう。

池江厩舎アルアインとの使い分け?

M・デムーロに合わせた?

GIレーシングの使い分け?

色々な憶測ができますね。

こういう所まで考えると競馬はさらに面白くなります。

さて、予想ですが、そのペルシアンナイトは切ります。

やはり59㎏での鉄砲は買えませんね。

エアスピネルは半年ぶり。

この馬も先を見据えてそうだから、アテにしづらい。

京成杯組はちょっと力足らずに思える。

ということで、⑱ジャンダルムからでいかがでしょう?

春のGIは距離が合わなかったので、度外視。

適距離だろうこの舞台で一変ないでしょうか。

相手には⑯ハッピーグリーンを抜擢。

地方馬とはいえ、中央オープンでも実績あります。

ここまで人気ないなら、一発狙ってみたいです。

3連複の⑯⑱二頭軸からの総流しで菊花賞の軍資金にしたいです。