秋の淀に長距離砲が集結!

昨日の富士ステークスはかすりもせず。

大穴狙いだったので、仕方なしではあったのですけどね。

 

気を取り直して、菊花賞で一攫千金を狙いましょう。

こういう荒れそうなレース、大好きです。

でも荒れそうということは予想が難解ということ。

そもそもこのレースの存在価値って?と毎年思っています。

今時、この距離でやる意味があるのか。

やるのであれば、3000メートル以上のトライアルが必要です。

我々ファンだけでなく、関係者も距離をこなせるかの

判断材料がないですからね。

京都2400メートルでもいいのではないですかね。

 

さて、予想参りましょう!

逃げ宣言の①アイトーン

④ジェネラーレウノ⑥メイショウテッコンも前目での競馬。

スタートが決まれば、当然⑤エポカドーロも先行し、

必然的にペースは流れるでしょう。

そこで、上記前目で競馬する馬は外し、

長距離血統の中段くらいの馬を狙います。

というと、まず、⑨エタリオウが浮かびますね。

ただ、この馬は何とな~く2~3着の気がする。

ということで相手候補。

③ブラストワンピースはあの切れ味は中距離向きと解釈して、外します。

⑫フィエールマンも同様に中距離~マイラー血統な印象です。

枠順発表前は⑱グローリーヴェイスが面白いと思っていましたが、

大外では厳しいので、これも外します。

と消去法で人気所を順番に外していった結果、

⑦ユーキャンスマイル⑩アフリカンゴールド⑭グロンディオーズ

あたりで勝負してみようかと思います。

⑨エタリオウも加えて、

⑨⑩の馬連ボックスを中心に、余裕があれば3連複ボックスも購入予定。

あと長距離戦はパドックの気配も重視するので、

上記馬がもしチャカついている様だったら、

直前で入れ替えるかもしれませんが・・・。

 

というわけで菊花賞、楽しみましょう!