秋晴れの心地よい我が家の庭から

今日も気持ちいい秋晴れです。

先週、久しぶりに3連単で大物が釣れた私の心も軽やかに

執筆しております。

今週は出資馬、準出資馬とも出走がなく、2場開催。

今日は重賞も予想困難な2歳戦ということで、

出資馬の近況報告としますか。

まず、テメノスは一昨日ゲート試験合格。

入厩1週間での合格はなかなかのものですね。

ただ、まだ緩いとかで放牧されてしまいます。

ハーツクライ産駒だし、ゆっくりでいいとは思うのですが、

来年からスーパー未勝利がなくなってしまうからね。

はやくて1月京都ですかね。

なんとか勝ち上がって欲しいものです。

グラウクスは放牧先でリフレッシュ中。

去勢の気配はなさそうです。

そんなんで立て直せるレベルの負け方ではないと思うんだけどな。

この馬はかなり厳しい状況ですね。

ラルムドールは「復帰初戦から期待」コメントが出ました。

行きっぷりがよくなったので、マイル戦。

ということで中京開幕週の特別戦に戸崎騎手で。

これは期待できそうです。

この馬はまだ大器の可能性を残しているので・・・。

メサルティムは、格上のターゴイスステークスと自己条件の両睨み。

斤量と相手関係によっては面白いかもしれません。

楽しみな馬と厳しい馬が混在していますね。

サングレーザーの香港カップと合わせて、

週末はグリーンチャンネルから目が離せません。