月別アーカイブ: 2019年1月

微妙な幕開け

昨日は競馬初めでした。

まず、ヴァルディノートは予想通りの後方待機策。

直線向いて、鋭い末脚を見せてくれましたが、

前が止まりにくい馬場でもあり、3着まで。

さすがに最後方からではねえ。

もう少し考えて乗って欲しかったですが、

まあ、このクラスでも目処が立ちましたね。

展開がはまれば、もう一つくらいは勝ってくれそうです。

東西の金杯はいい所をついてはいたのですが、

少しだけずれてしまいました。

なかでも中山金杯は残り50メートルまで初夢万馬券を夢見たのですが、

最後に松岡騎手にまとめて差されてしまいました。

まあ微妙な幕開けとなりましたが、やはり競馬は楽しいですね。

本日も気合入れていきましょう。

 

今日はシンザン記念

正直、1戦1勝馬や2戦1勝馬なんて評価できません。

ちなみに昨日は久しぶりに午前中の競馬にも参戦しましたが、

ダートの3歳未勝利戦なんて、初ダート多すぎで予想できませんわ。

というわけでこのレースもジュニアカップとともに全く自信がありません。

それよりは東西とも9レースや最終レースの方が予想はしやすいんですけどね。

まあ、見学も寂しいので、投資金額は絞って参戦しますかね。

軸は⑤アントリューズかな。

大崩れはなさそうな印象なので。

あとは、実績の割りに印が薄い⑪シャドーエンペラー

この2頭を軸に3連複総流しで遊んでみますかね。

 

 

一年の計は金杯にあり

明けましておめでとうございます。🎍

気付けば、もう新年も5日を迎えておりました。

本年もボチボチと更新していきますので、

よろしくお付き合いください。

さて、毎年のことなのですが、

競馬のない長期休暇はヒマすぎます。

どれだけ競馬に依存して生きているのかが、

非常に痛感できる瞬間であります。

その分、家の掃除、洗車など日ごろなかなかできないことを

たくさんこなせれたのですが、

やはり物足りない!

今日からがやっとエネルギーの開放時といった心境です。

 

まず、京都9レースにはヴァルディノートが出走します。

メンバーにはかなり恵まれましたね。

このクラスの常連級が見当たらず、

人気馬も数回複勝圏に来た程度。

これはお年玉の夢が見れます。

前走は出していった北村友の作戦ミス。

この馬は末脚を生かす競馬が現状ベストです。

内枠を引いたので、外に出せるかかがポイントですが、

鋭い末脚を披露してくれることを期待します。

 

そして、東西では新年の名物、金杯が行われます。

中山金杯はちょっと遊んでみますか。

最内枠に入った①タニノフランケルを狙ってみます。

ハンデ53㎏も魅力ですしね。

相手にも外枠の馬は外して、内枠の先行馬を中心に、

③コズミックフォース⑧マウントゴールド

⑨ストロングタイタンとします。

馬連からへと

3連単、軸のへのマルチで。

 

京都金杯は⑫パクスアメリカーナには逆らわない方がよさそうですね。

メンバーに恵まれたとはいえ、前走0.7秒差は衝撃でした。

相手にも明け4歳を中心に、

②サラキア③カツジ、底力のある④グアンチャーレも抑えますか。

馬連から②、③、④へと

3連単フォーメーション②③④→②③④

 

いいお年玉がもらえますように!