「一口馬主」カテゴリーアーカイブ

出資馬、近況をまとめます

まず、準出資馬、サングレーザー福永騎手で、阪神カップへ。

賞金最高峰のGⅡなので、家計的にはありがたいですが、

ちょっと使いすぎじゃないかな。

相手はまずは筆頭格のイスラボニータが引退レースとなる様です。

あとは、前走準オープンで強かったモズアスコットに、

休養明けのシャイニングレイといった所ですか。

マイルからの距離短縮なので、追走がスムースかがカギになりそうですが、

最後のキレ脚は十分ここでも通用するでしょう。

 

前走、不完全燃焼に終わったフェルメッツア中山金杯へ。

ジョッキーはまだ発表されていませんが、

北村騎手は京都金杯の様なので、乗り替わりでしょう

相手はセダブリランテスブラックバゴ

ウインブライトデニアンドルビーですか。

ここは強そうだし、そもそも賞金的に出走できるかどうか。

除外になると当分適鞍がないだけに、

連闘でディセンバーステークス使っておけばよかったのに。

(まあ、グレーターロンドンがいますが・・・)

 

そして、我が家の期待の星になったラルムドール

1月6日の福寿草特別に目標を切り替えました。

ルメールさんを確保できたのかと思いきや、まだ騎手は未定とのこと。

まだルメールさんがその日、京都にいるのかも把握できていないのですが、

何とか継続騎乗してもらいたいです。

ここも出世レースの特別戦だけあって、かなり相手は強力な様です。

でも、そういう相手に勝っていかないと、

ダービーの18枚の切符は入手できませんからね。

 

ディープインラヴはザセキからの回復は順調な様で、

休ませた分の馬体の緩みも見られず、

再度、入厩時期の相談に入る様です。

年内に入厩し、年明けにゲート試験、

2月の京都くらいが、最短デビューでしょうか。

頓挫ありましたが、クラブのまめな更新にも好感がもてましたし、

ここから巻き返していきたいです。

 

あとは、ヴァルディノートの帰厩も近い様です。

もう少し芝を使い続けるのか、ここらで一回ダートを試してみるのか、

音無師の判断が見ものです。



そういえば・・・

以前の記事で海外競馬の馬券を買う人って?

みたいな内容を投稿しましたが、

ついに私も昨日の香港シリーズでは買ってしまいました。

理由は、日本馬が過剰人気になっていると踏んだから。

非国民ですみません。

今年の4競走でネオリアリズム以外は厳しいと思っていました。

それなのに、2~4番人気になっていたりする。

相当、応援馬券が買われているんだろう。

ということで、急遽、参戦決定です。

全く、格がわからない香港競馬の馬柱を見ながら、

とりあえず実績のありそうな馬を買ってみたら、

4レース中2レースで的中しました。

しかも、2レース目(名前も覚えていませんが・・・)は結構な高配当

おいしい思いをさせていただきました。

不謹慎かもしれませんが、過剰人気となる日本馬を切って、

勝負するのも悪くないなと思いました。

 

そして、週中に触れなかったですが、

ディープインラヴザセキで入厩が延期になりました。

なかなか順調に行かずですが、症状は軽いとのこと。

年明けくらいには何とかならないかと踏んでいます。

そして、クラブも頻繁に状況を更新してくれるなど、

非常に好感度がアップしました。

今までわりとこのクラブに否定的でしたが、

こういう対応をしてくれると、評価も上がりますね。

焦らずに、待ちたいと思います。