「出資馬」カテゴリーアーカイブ

富士ステークス予想 大荒れ??

来週はいよいよグラウクスがデビューします。

地方馬中心の血統構成なのに、

中央で募集された本馬に何かを感じていたのですが、

どうやら現実になりそうです。

2週続けてCWでなかなかの時計を出しています。

今週は公式でも本文中と調教欄でタイムが大きく異なっておりますが、

少なくとも悪いタイムではありません。

私の出資馬で調教駆けするタイプといえば、

文句なくディープブリランテでした。

2歳時の追い切りタイムを比較してみると、

グラウクスの方がいいタイムが出ているんですよね。

西園厩舎でCW追いって珍しいな??

などハテナな部分はあるんですが、ちょっぴり期待しちゃっています。

 

今日は富士ステークスですね。

サングレーザー天皇賞に控えている身としては、

2つの注目点があります。

まず、エアスピネル福永騎手が騎乗するということ。

関東圏の競馬であり、スポットでの依頼ではないのでは?

マイルCSエアスピネルが福永サングレーザーはモレイラ継続。

という図式が出来上がります。

ひょっとしたら年末の香港までモレイラでいく計算なのかもしれません。

一旦騎手免許騎乗したら香港で乗れない??

その辺は知りませんが・・・。

次はペルシアンナイトがここを使ってくるということ。

別定戦ですが、59㎏です。

あまり府中のマイルが向いてそうでもありません。

大阪杯2着でもあり、天皇賞に向かうのがセオリーでしょう。

池江厩舎アルアインとの使い分け?

M・デムーロに合わせた?

GIレーシングの使い分け?

色々な憶測ができますね。

こういう所まで考えると競馬はさらに面白くなります。

さて、予想ですが、そのペルシアンナイトは切ります。

やはり59㎏での鉄砲は買えませんね。

エアスピネルは半年ぶり。

この馬も先を見据えてそうだから、アテにしづらい。

京成杯組はちょっと力足らずに思える。

ということで、⑱ジャンダルムからでいかがでしょう?

春のGIは距離が合わなかったので、度外視。

適距離だろうこの舞台で一変ないでしょうか。

相手には⑯ハッピーグリーンを抜擢。

地方馬とはいえ、中央オープンでも実績あります。

ここまで人気ないなら、一発狙ってみたいです。

3連複の⑯⑱二頭軸からの総流しで菊花賞の軍資金にしたいです。



土曜競馬予想、復活!!

昨日は、グラウクスがCWで実質初追い切り。

81.3-12.3をマークしました。

初めての速い所で、この時計はなかなか優秀ですね。

公式でも初戦から楽しみとのことです。

天皇賞の裏の京都開催を視野に入れています。

騎手は松若くん

京都にいる騎手としては、なかなかいい騎手と言いたい所ですが、

あまりうちの出資馬と相性がよくないんですよね。

昨年、単勝1倍台のヴァルディノートを飛ばしてくれた様な・・・。

でも、なかなか思い切りのいい男だと聞いています。

何とか勝ち上がり、クリソベリルに挑戦状を叩きつけたいですね。

 

さて、久しぶりに土曜重賞予想と行きましょう。

来週も続けるかどうかは、私の気まぐれです。(笑)

G2に格上げされた府中牝馬ステークス

古馬牝馬のトップクラスが集結しましたね。

11頭立てながら、①クロコスミア⑨カワキタエンカがハナを主張すれば、

自然とペースは割と流れ、後ろの有力馬も届く流れと見ました。

④ディアドラ⑩リスグラシューの一騎打ちに

⑥ジュールポレールがどこまで迫れるかという構図でしょう。

馬券としては、オッズ的においしい⑥ジュールポレールを軸とします。

ディープインパクト産駒に向きそうな馬場だろうし、

グラウクス西園厩舎の応援も込めて。

相手は当然、④ディアドラ⑩リスグラシュー

後、魔術師横山典の位置取りが読めない⑪ミスパンテールまでの

馬連3点勝負とします。

 

明日は秋華賞の予想をアップします。

多分ね。

 



秋のGI戦線開幕!

今週から秋のGI戦線が開幕しますね。

我々、競馬好きにとっては、

これから有馬記念まで、

毎週の様に楽しみが満載の季節となります。

(お金が持たない季節というべきでしょうか。)

久しぶりなので、追い切り映像とかもしっかり見てしまいました。

予想は枠順が出てから週末にでも更新しますね。

 

今日は、色々動きのある出資馬のネタを。

 

まず、グラウクスが今日、ようやく入厩します。

大型馬のため、随分時間がかかりました。

大きな頓挫もないのに、14秒ペースの調教がどれだけ続いたことか。

気難しさが出てきた的なコメントが少し気がかりですが、

まずはゲート試験合格を目指します。

その後はもう一回乗り込みとなるのかな。

年明けの京都ダート1800メートルくらいでしょうか。

 

ラルムドールは山元TCまで来ています。

この馬もデビュー前から、なかなか本気を出さないと聞いていました。

今回も時間がかかっていますね。

9月に500万を勝って、菊花賞に滑り込めないかと期待していたのですが、

年内に復帰できるかどうかの気配になっています。

 

それから、テネムスも山元TCに来ています。

こちらは、本数はまだ足りなそうですが、

早めに入れそうな気がします。

年内デビューが目標の様ですね。

 

メサルティムは秋華賞は使わず、いったん放牧へ。

ん~それなら中1週であのレース使わなくてもよかった気がするんですが・・・。

 

ということで、今日現在の在厩はグラウクスのみ。

好調の9月から一転、暇な10月になりそうです。

 

準出資馬ではサングレーザー天皇賞挑戦が正式に発表されました。

鞍上は神様モレイラ

ん~福永騎手より期待しちゃえるかな。

同クラブのペルシアンナイトは富士ステークスに回る様ですが、

左回り王者スワーヴリチャードに、マカヒキレイデオロワグネリアン

3世代のダービー馬、皐月賞馬アルアイン

空前絶後の好メンバーが揃いそうですが、

どれだけのレースをしてくれるのか楽しみです。