「ディーパワンサ」カテゴリーアーカイブ

気が付けばグランプリが終わっていました

年末は何かと忙しいもの。

今年も例外ではなく、ようやく一息ついた日には、

もう有馬記念が終わっていました。

後出しジャンケンですが、3連単ゲットできました!

レイデオロ、パフォーマプロミス軸の3連単マルチと

レイデオロ、ブラストワンピース軸の3連単マルチと

調教が抜群だったサウンズオブアースの複勝で夢を見ていました。

最高目ではありませんでしたが、気持ちよく年を越せそうです。

あっ!ホープフルステークスがまだありますね。

(キャリーオーバーのWIN5もです。)

どうも有馬記念が最後でないのは調子が狂います。(笑)

 

出資馬にも動きがありますね。

まず、いいものから。

ディーパワンサがようやく帰厩しました。

いや~長かった。

気が付けば弟君がGIで一番人気になってましたね。

負けじとこれからいい走りを見せてほしいです。

まずは、ゲート試験ですね。

フェリシタシオンも年明けの競馬にスタンバイ。

まだアナウンスはありませんが、

1月5日の芝2000メートル戦からあるかもしれませんね。

コメントはやや辛めですが、タイムはなかなかだと思います。

この馬に頑張ってもらわないと来年は真っ暗ですわ。

ヴァルディノートも帰厩して、年明けにスタンバイ。

準オープンで奮闘したメサルティムも続戦予定。

ここまでは順調です。

 

そして、残念なのは、ラルムドールが惨敗して骨折判明。

また半年休養だそうです。

ん~うまくいきませんね。

ようやくこれからと思ったら、またですわ。

ただ引退にならなかったのは、

まだまだクラブも期待している証でしょう。

夏の中京でまた見てみたいものです。

それから、ラプソディーアは熱発でまた帰厩が延びています。

気性的にも使えるときに使ってくれないと、

好調期間が短い馬ですからね。

友道厩舎だから仕方ないのですが、

そろそろ若手にバトンタッチも検討して欲しいです。

 

そして、一番寂しかったのが、

ディープブリランテ社台スタリオンステーションを追い出されたこと。

これはショックでしたわ。

追い出されたか「栄転」なのかはわかりませんが・・・。

少なくとももう見学はできないんですよね。

昨夏に面会したのが、最後になってしまいました。

産駒の成績が頭打ちでクラブにもだんだん回ってこなくなっていたので、

覚悟はしていたんですが・・・。

これから産駒が活躍して、

リーチザクラウンみたいになってくれればいいなあ。



日常に戻って・・・

多忙を極めた選馬戦もとりあえず一区切り。

来週の金曜日まで祈りながら待つだけです。

前回の更新で伏字にしていた社台の第二希望は、

パールサイドの17です。

おそらく第一希望は玉砕なので、これが取れないと

社台難民になってしまいます。

取りたい馬が取れないから実績が上がらない、

実績が足りないから取りたい馬が取れないという

負のスパイラルに陥ってますね。

いつか、高額のディープ産駒にお布施をしないと

いけないのでしょうか・・・。

 

さて、最近この話題ばかりでしたので、

出資馬の近況を久しぶりに講評したいと思います。

まず、在厩馬はキアレッツアフェルメッツアの2頭のみ。

キアレッツアは順調そのもので福島ぼ開幕週芝1200に

北村宏騎手でスタンバイしています。

まだまだ的なコメントが出ていますが、

あまり成長力のない血統だけに、

初戦からそれなりの結果を出して欲しいものです。

 

フェルメッツアは障害未勝利戦に節の関係でなかなか出れず、

グダグダしているうちにザ石ですわ。

しばらく先になりそうです。

長引くならばこのまま引退もあるかもしれません。

 

ディーパワンサディープインラヴは屈腱炎の治療中。

メサルティムは血腫の影響で軽めの調整。

ラプソディーアは骨瘤でペースダウン。

とロクなことがありませんが、

わずかに光明が差してきたのは、

ラルムドールの復帰が思ったより早そうなこと。

近々15秒を開始できそうとのことなんです。

9月に長距離の500万を勝てれば、菊花賞挑戦

まだ捨てたものではありません。

3歳以上の出資馬で楽しみなのはそこだけですわ。

 

北海道の2歳軍団が早く始動してくれないかなあ~。

 



ディーパワンサが・・・

悲しい発表がありました。

復帰に向けて、15秒まで時計を出していたディーパワンサ。

残念ながら屈腱炎という診断が下りてしまいました。

損傷%が発表されていませんが、全治は少なくとも1年はかかるでしょう。

牝馬ですし、このまま引退となる可能性が高いでしょうね。

競走馬に、いや全てのスポーツに怪我はつきものなのですが、

この件で私にも反省点があります。

(といっても私が直接何かしたという訳ではないのですが・・・・)

私はこれまで、「クラッシックには回ってくるだけでもいいから

出て欲しい」という考えでした。

確かにそれも一理あるのですが、

結果論から行けば、この馬は無理してオークスに出たところから、

歯車が狂っていったんだということになります。

競馬にタラレバはありませんが、あそこで無理をさせなかったら・・・。

という風に考えざるを得ませんね。

これまでノーザンファーム天栄の慎重な使い方にも

物申したことがありましたが、

「馬を怪我させない様に慎重に使う」という方針には

「なるほどな」と思わざるを得ないことになりました。

もちろん厩舎事情でなかなか使ってくれないのは嫌ですし、

一回でも多く出走して欲しいという気持ちはあるのですが、

やはり最終的には馬を一番近くで見ていて、

一番馬のことをわかっている

プロの方のジャッジが正しいのだなということを痛感しました。

これを機に少し見方を変えていきたいと思いました。