「フェルメッツア」カテゴリーアーカイブ

あまり動きのない出資馬たち

先週は3日開催だったせいか、今週はクラブの情報更新も遅く、

ただでさえ、動向の乏しい出資馬たちのネタが少なく困っております。

ラルムドールは今週中に入厩予定だったはずなんですけどね。

正直、松元厩舎は定年も近くそれほど預託数の多い厩舎ではないので、

厩舎事情での遅れではないんでしょう。

厩舎事情ではない入厩の先伸びというのはあまりいい思い出がありません。

仕上がり不足で牧場からまだOKが出せない可能性が高いんでしょうね。

山元TCは14日に定期更新されるので、そこで報告があるでしょうが・・・。

ディープインラヴももう少し吉澤WESTで乗り込みそうですね。

これは厩舎事情かもしれません。

メサルティムはいったん放牧で次走は白紙。

ゲートから2回続けて使った後なので、当然のことでしょう。

ヴァルディノートは来週あたりに使いそうですね。

菊花賞の日のマイル戦をルメール続投で、というのが私の予想であり、

希望でもあります。

4歳以上がフェルメッツアだけになってしまったので、

自ずと2歳に期待が集まります。

真打ちたちの登場が待ち遠しいんですよね~。

 

 

フェルメッツア、秋まで休養

先週の小倉記念で3着と健闘したフェルメッツアは秋まで休養の様です。

サマー2000シリーズを狙うのかと思っていたので、

意外な選択でしたが、まあ無理させる必要はないですね。

ゲートが安定したおかげで、中段で競馬できる様になり、

成績も安定してきました。

着実に力を付けてきていると言えますね。

オープン勝ち、さらには重賞勝ちまで期待が膨らみます。

さて、次はどこを使うんでしょう。

時期的には毎日王冠が適当でしょうが、さすがに敷居が高い気がします。

その次の週のオクトーバーステークスでしょうか。

ただ、府中の2000メートルはこの馬には少し長い気もします。

福島記念→中日新聞杯でしょうか。

昔は9月に朝日チャレンジカップというのが、

秋競馬の訪れを知らせる番組としてあったのですが、

どこに行ったんでしたっけ??

 

サプライズとして、「体調がいいので」ということで、短期で帰厩して、

新潟記念狙いますなんてのもあったりするのかもしれませんね。

この馬は元気で丈夫が取り柄ですから。

 

 

 



フェルメッツアは3着!

小倉記念に出走したフェルメッツア3着でした。

道中はいつも通りの中段のインで脚をためる展開。

3角で若干、手ごたえが悪くうつるのもいつもの事ですね。

いつもこれでも好走するので、落ち着いてみていられました。

直線に向いてからはジリジリと伸びるも、3着まで。

前の2頭とは大きく離されてしまいました。

ん~、でも、よく頑張ったんじゃないですかね。

北村騎手もテン乗りでしたが、最高の騎乗をしてくれたと思います。

勝ったのが降ろされた秋山騎手というのが何とも言えない皮肉ですがね。

ここの所、重賞でも安定した走りが出来ていますね。

展開と相手次第でチャンスはあるかもしれないですね。

次は新潟記念でしょうね。

現在、サマー2000シリーズで上位に付けています。

新潟記念を勝つとチャンピオンの可能性もありますね。

暑い中、大変だろうけど、頑張れ~!!