「フェルメッツア」カテゴリーアーカイブ

出資馬、近況をまとめます

まず、準出資馬、サングレーザー福永騎手で、阪神カップへ。

賞金最高峰のGⅡなので、家計的にはありがたいですが、

ちょっと使いすぎじゃないかな。

相手はまずは筆頭格のイスラボニータが引退レースとなる様です。

あとは、前走準オープンで強かったモズアスコットに、

休養明けのシャイニングレイといった所ですか。

マイルからの距離短縮なので、追走がスムースかがカギになりそうですが、

最後のキレ脚は十分ここでも通用するでしょう。

 

前走、不完全燃焼に終わったフェルメッツア中山金杯へ。

ジョッキーはまだ発表されていませんが、

北村騎手は京都金杯の様なので、乗り替わりでしょう

相手はセダブリランテスブラックバゴ

ウインブライトデニアンドルビーですか。

ここは強そうだし、そもそも賞金的に出走できるかどうか。

除外になると当分適鞍がないだけに、

連闘でディセンバーステークス使っておけばよかったのに。

(まあ、グレーターロンドンがいますが・・・)

 

そして、我が家の期待の星になったラルムドール

1月6日の福寿草特別に目標を切り替えました。

ルメールさんを確保できたのかと思いきや、まだ騎手は未定とのこと。

まだルメールさんがその日、京都にいるのかも把握できていないのですが、

何とか継続騎乗してもらいたいです。

ここも出世レースの特別戦だけあって、かなり相手は強力な様です。

でも、そういう相手に勝っていかないと、

ダービーの18枚の切符は入手できませんからね。

 

ディープインラヴはザセキからの回復は順調な様で、

休ませた分の馬体の緩みも見られず、

再度、入厩時期の相談に入る様です。

年内に入厩し、年明けにゲート試験、

2月の京都くらいが、最短デビューでしょうか。

頓挫ありましたが、クラブのまめな更新にも好感がもてましたし、

ここから巻き返していきたいです。

 

あとは、ヴァルディノートの帰厩も近い様です。

もう少し芝を使い続けるのか、ここらで一回ダートを試してみるのか、

音無師の判断が見ものです。



ドン詰まり!そして・・・

前にも書いたかどうか、とにかく師走の中京開催は寒いんです・・・。

フェルメッツアの口取りがとれたので、

コートを手荷物として預けて、

手足はかじかみながら、応援をしていました。

結果は・・・、

ドン詰まりで何もレースに参加できず!

まあ、こういう事もあるのが競馬なので、

あまり騎手を責めたくはないんですがねえ。

もう1列前で競馬をして欲しかったなあ。

馬体重もまた増えていたし、

連闘でディーセンバーステークスに向かってもいいのかな。

あと、寂しかったのは松永先生が来てなかったこと。

矢作先生、音無先生、友道先生、戸田先生、上原先生。

豪華な顔ぶれがそろっていましたが、

うちの大将はおられませんでした。

ピオネロの中山の方に行ってたのでしょうか。

ちょっと切なかった。

一応、ホヤホヤの写真を更新しておきますね。

デジカメをわすれたので、スマホでの撮影ですが・・・。

 

そして、明日はラルムドールの新馬戦。

シエラの評価が高い様ですが、こちらも負けじの好評価。

さあ、阪神競馬場に乗り込むぞ!

と思いきや、大失態をおかしてしまいます。

口どりの電話を忘れてたんです。

でも、金曜日の昼には気づき、電話かけたんですが、

時はすでに遅し。

開始後5分で定員に達しましたとのこと。

ん~、社台系クラブで口取りが取れなかったのは、

ディープブリランテの共同通信杯以来のこと。

それだけに余裕こいていましたが、

この馬への期待の高さがうかがえました。

もちろん、平服で応援に行くかもしれませんが、

とにかく今日の寒さで懲りてしまいました。

明日は、温かくして、自宅観戦の可能性が高いです。