「フェルメッツア」カテゴリーアーカイブ

惨敗で心折れる・・・

新年早々、大きなダメージをくらってしまいました。

福寿草特別に出走したラルムドール

勝ってクラシックを夢見る!はずだったのですが、

まさかの惨敗!

複勝圏内、いや掲示板も外してしまうとは・・・。

出遅れは想定内でした。

その後も、押しても進んでいかなかったですが、

向正面で謎のまくり。

こういう大胆なことは成功すれば神ですが、

失敗すると非難轟々浴びます。

何がしたかったのか。

そして、直線向いても全く伸びず。

まだ、もう1戦、2戦見てみないと見切れないですし、

これからの成長も十分見込める血統ですが、

ダービーに間に合う馬ではなさそうだという所は、

確定してしまったっぽいですね。

全く真剣に走っていなかったようで、

このまま続戦していくみたいですが、

社台ファームで聞いた様に「追える」ジョッキーを起用して欲しいですね。

次走の、理想はもちろんルメールさん

ダメでも、当たりの強い騎手、岩田さんとか和田さんとかを希望しますね。

中2週で梅花賞くらいでしょうかね。

もう少し、かすかな夢を見続けます。

 

そして、フェルメッツア中山金杯

田辺騎手は文句のない騎乗をしてくれたと思います。

これは能力かあるいは調教悪かった様に出来落ちしていたかでしょう。

やはり、仕上げ切った中日新聞杯で勝ち切っておきたかった。

はやくもNFしがらきに出して立て直す様ですが、

松永厩舎だけにそろそろダート障害戦も検討されそうですね。

まあ、元気に頑張ってくれれば、活躍する舞台はどこでもいいのですが・・・。

 

そして、その流れを引き継ぎ、馬券も絶不調

まだ、今年初当たりをしていません。

まあ、出資馬の惨敗でフテクされて、

あまりたくさんのレースをやらなかったのですが・・・。

今週はヴァルディノートが平場の芝マイルにスタンバイ。

先週の鬱憤を晴らし、今年初の福を運んでください。



明けましておめでとうございます

しばらく更新が滞っていました。

競馬が休みであったこと、年末年始は何やらと忙しかったこと、

そして、激しい風邪をひいてしまったことなどが重なってしまいました。

ちょっと更新しないと、アクセス数が激減してしまいますね。

みなさんもあまり競馬に無縁の年末年始を過ごされていたのでしょうか?

今日から、また更新を頑張っていきますので、

お付き合いよろしくお願いいたします。

 

さて、今週はさっそく2頭の出資馬がスタンバイ。

まずは、福寿草特別ラルムドール

競馬ブックでは本誌本命をいただいており、

テンションが高まっていましたが、

追い切りはカフジバンガードに大きく遅れていましたね。

シンザン記念で人気になっている馬なので、

向こうが坂路駆けするタイプと信じたいのですが・・・。

本馬はシャドーロールを着用する様です。

これを勝つと微かにクラシックが見えてきます。

松山騎手には大胆に乗って欲しいと思っています。

 

そして、中山金杯にはフェルメッツア

前走の大敗で人気は大きく落としていますが、

今回は若武者田辺起用で、期待しています。

にしても、またハンデが55㎏なのは納得がいかない!!

そして、これまた追い切りは大きく遅れていますね。

過去を調べると、意外とよく遅れているので、

まあ度外視しますが・・・。

この季節が得意ですし、中山適正も高そう。

一発あるのではと期待しています。

あとは枠順が内を引ければというところですね。

 

どちらか、初笑いを与えてくれるでしょうか。

楽しみにしています。



出資馬、近況をまとめます

まず、準出資馬、サングレーザー福永騎手で、阪神カップへ。

賞金最高峰のGⅡなので、家計的にはありがたいですが、

ちょっと使いすぎじゃないかな。

相手はまずは筆頭格のイスラボニータが引退レースとなる様です。

あとは、前走準オープンで強かったモズアスコットに、

休養明けのシャイニングレイといった所ですか。

マイルからの距離短縮なので、追走がスムースかがカギになりそうですが、

最後のキレ脚は十分ここでも通用するでしょう。

 

前走、不完全燃焼に終わったフェルメッツア中山金杯へ。

ジョッキーはまだ発表されていませんが、

北村騎手は京都金杯の様なので、乗り替わりでしょう

相手はセダブリランテスブラックバゴ

ウインブライトデニアンドルビーですか。

ここは強そうだし、そもそも賞金的に出走できるかどうか。

除外になると当分適鞍がないだけに、

連闘でディセンバーステークス使っておけばよかったのに。

(まあ、グレーターロンドンがいますが・・・)

 

そして、我が家の期待の星になったラルムドール

1月6日の福寿草特別に目標を切り替えました。

ルメールさんを確保できたのかと思いきや、まだ騎手は未定とのこと。

まだルメールさんがその日、京都にいるのかも把握できていないのですが、

何とか継続騎乗してもらいたいです。

ここも出世レースの特別戦だけあって、かなり相手は強力な様です。

でも、そういう相手に勝っていかないと、

ダービーの18枚の切符は入手できませんからね。

 

ディープインラヴはザセキからの回復は順調な様で、

休ませた分の馬体の緩みも見られず、

再度、入厩時期の相談に入る様です。

年内に入厩し、年明けにゲート試験、

2月の京都くらいが、最短デビューでしょうか。

頓挫ありましたが、クラブのまめな更新にも好感がもてましたし、

ここから巻き返していきたいです。

 

あとは、ヴァルディノートの帰厩も近い様です。

もう少し芝を使い続けるのか、ここらで一回ダートを試してみるのか、

音無師の判断が見ものです。