「ラプソディーア」カテゴリーアーカイブ

なかなかモチベーションがあがらず

出資馬の絶不調から抜け出せません。

2018年も2開催が終わろうとしていますが、

最高がディープインラヴの新馬戦の3着。

あとは人気を背負った馬、人気薄だった馬、

色々いましたが、掲示板にも乗れず。

正直、一口馬主へのモチベーションが激しく低下しております。

馬券ではそれなりに楽しんでいますけどね・・・。

先週もラプソディーアがね、出走したんですが、

まあ結果は言わずもがな。

馬体重も増えていて、すんなりハナも切れて。

これで負けたら、もう降級を待つしかないかもしれません。

あとは、1200メートルを使ってみるくらいですか。

ダービートレーナーの再生手腕にかすかな期待はしつつも、

転厩が突きつけられるかもなあと。

 

まあ出資馬ネタも少ないので、京都記念の回顧でも。

クリンチャーは来ると思っていました。

後出しジャンケンでスミマセン。

成長力がありそうな感じでしたもん。

でも、勝つのはレイデオロだと思っていました。

レイデオロ1着、クリンチャー2着、3着に4点くらいで買っていました。

急遽騎乗になったバルジューさんの批判もWeb上で見かけますね。

確かにかかっていましたが、ルメールでもどうだったかはわかりませんよね。

さて、この結果でドバイに行く藤澤師の判断はいかがでしょう。

出資者のみなさん、いかかですか?

もし仮に私に全権を委ねられたら、大阪杯→宝塚記念を目指すでしょうね。

ソウルスターリングの二の舞にならなければいいですけどね。



またまた更新が滞って・・・

気が付いたら、今週月曜日以降、更新しておりませんでした。

一回さぼり癖がついてしまうと、ついつい億劫になってしまうわけです。

まあ、出資馬にあまり動向がないというのもあるのですが・・・。

今日は若駒ステークスが行われますね。

スーパーフェザーフォックスクリークの前評判が本物なのかどうか。

ここは馬券的妙味はないものの、ダービーへ向けて

要チェックなレースですね。

出資馬の動向でいうと、

ディープインラヴのデビューが、早ければ、

来週の東京1800メートル戦になることが公式で発表されました。

まだ、速い時計は今週から出し始めたばかり。

ん~矢作先生らしいですね。

以前、直接お会いした際に「うちは新馬戦では仕上げません。」

と仰っていました。

まあ、除外の可能性も考慮して、

早めに投票していくという趣旨もあるのでしょうが・・・。

逆にこの仕上げで勝てる様だったら、相当な器ということにもなります。

相手関係など全く調べていませんが、楽しみですね。

 

あと、在厩の出資馬はラプソディーア

こちらも東京遠征。2月12日の雲雀ステークスを狙う様ですね。

前回の惨敗を受けて、条件を変えてくるかと思いましたが、

もう一度1400メートル戦を使う様です。

ここはダービートレーナーの腕を信じてみるとしましょう。

 

1月の中山京都開催も今週で終わりなんですね。

まだ年が明けたのが、昨日の様です。

だんだん、時間が経つのが早くなってきた感がします。



早熟という名の時限爆弾

昨日、渡月橋ステークスに出走したラプソディーア

馬体重を見て、テンションが下がり、

チャカついていたパドックを見て、不安になり、

そして、先行すらできなかった時点で諦めてしまいました。

ん~、これはピークアウトの感が強いですね。

この時期に3か月近くやすんで、輸送もないのに、

馬体重が減っているのがまずおかしい。

母系は成長力のある血統のはずなんですが、

コントロヴェントサンラファエルなどを見ていても、

ディープブリランテ産駒は早熟?という結論になってしまいます。

牝馬はこうなるとなかなか立て直すのは難しいんですよね。

もちろんまだ諦めてはいませんが、先が真っ暗ですね。

 

そして、ジャパンカップは見事馬連的中!です。

キタサンブラックはどうやら落鉄していた様で、

疲労説が当たったわけではないのですが、

結果オーライと行きましょう。

1着シュヴァルグラン2着レイデオロが逆だったら、

3連単までゲットだったんですが、

まあ、久しぶりにプラスで終えれた週末ということでヨシとしましょう。

ちなみにシュヴァルグランラプソディーアが近親であるというのが、

何とも言えない皮肉です。

 

今年の東京開催、京都開催も終わり、

今週から師走の中京開催が始まります。

中京圏在住の私にとっては、久しぶりに生観戦できる素晴らしい3週間です。

でも冬の中京は寒いんですよね・・・。

風邪をひかない様にしないと