「ラプソディーア」カテゴリーアーカイブ

遅くなりましたが・・・

キャロットの募集に追われて、

紫苑ステークスに挑戦したメサルティムについての

記事を書き込んでおりませんでした。

結果は皆さま、ご存じの通り。

残念ながら、秋華賞への切符は取れませんでした。

このレースは位置取りが全てでしたね。

スタート直後に寄られ、下げざるを得なくなってしまいました。

もう少し前目で競馬が出来たら、結果はわからなかったと

思うんですけどね。

でも、これが競馬。

「タラレバ」はなんですよね。

小柄な牝馬なので、馬体などに問題ないことを願っております。

今週はラプソディーアがスタンバイ。

得意の1400メートル戦に相性のいい藤岡康太を迎えて、

準オープンへの再昇級を狙います。

ワントゥワンに負けじと頑張れ!!



サングレーザー、重賞3勝目!!

昨日の札幌記念では、準出資馬のサングレーザーが優勝。

うれしい重賞3勝目となりました。

内枠が当たり、ドン詰まりの予感がしていました。

そしてその予感通り、残り200メートルの時点ではまだ前に壁。

スムースに外からマカヒキが追いこんできて、

これは厳しいなと思った瞬間でした。

一頭分の狭いスペースを割って伸びてきてましたね。

見事にハナ差でダービー馬を抑えました。

この馬、本当に瞬発力がありますね。

パトロールで見るとよくわかりますが、

あの一瞬で割れるというのはなかなかのものです。

前半少しかかり気味にも映りましたが、

何とか2000をこなしてくれました。

この後は、天皇賞→マイルCSでしょうか。

秋が楽しみでなりません。

 

一方、私名義の馬たちは見事に人気を裏切ってくれました。

メサルティムは謎の惨敗。

原因がよくわかりません。

距離のカベでしょうか。

ヴァルディノートラプソディーアは、

北村友一が同じ様に流れに乗れず、

絶望的な位置取りからでした。

ただ、最後の脚はなかなかだったので、

また次回以降楽しめそうです。

 

いや~、一頭くらいは勝つかと思ったんですけどね。

私のディープインラヴ以来の勝利はいつ訪れるのでしょう。

 



祭りの前夜祭

さあ、今週末は祭りです。

準出資馬も入れると、計5頭が出走します。

今までの退屈さの帳尻合わせが一気にやってきました。

ただ今週末唯一の家族用事と重なってしまい、

ヴァルディノートラプソディーアのレースが

生観戦できないところに、

まだ私の競馬運は完調手前感があります。

 

メインべベントはサングレーザー出走の札幌記念です。

なかなかの好メンバーで秋を占う意味でも興味深いレースです。

サングレーザーの焦点は距離延長をこなせるかに尽きるでしょう。

陣営は距離よりも天気が心配なコメントをしていますが、

私はやはりマイラーだとみています。

あとは能力でどこまでカバーできるか。

2歳時にGIで5着に来ているように、全く対応できないわけではないと思います。

ただ、不得意距離でGI馬たちに敵うかどうか。

向こうは休養明けというアドバンテージはありますが・・・。

そして、この厩舎にしては珍しく、今回は水曜追いなんですよね。

浅見厩舎は日曜日に本追い切りをすることは、

言わずと知られたことです。

1週前追い切りでは他厩舎の馬と併せているので、

併せる相手が日曜日にはいなかったということもあるのかもしれませんが、

真の意図がわからない所ではあります。

併せ馬で遅れるのはいつもの事ですね。

これはあまり心配していません。

追い切り映像は見ていないですが、

タイム的には問題ないですね。

ここを勝って、悲願のGI制覇の秋にしたいですね。

 

自分名義の3頭(ヴァルディノートラプソディーア、キアレッツア

はいずれも3口持ちです。

2頭、いやいや贅沢言わないので、1頭でも勝って下さい!