「ラプソディーア」カテゴリーアーカイブ

気が付けばグランプリが終わっていました

年末は何かと忙しいもの。

今年も例外ではなく、ようやく一息ついた日には、

もう有馬記念が終わっていました。

後出しジャンケンですが、3連単ゲットできました!

レイデオロ、パフォーマプロミス軸の3連単マルチと

レイデオロ、ブラストワンピース軸の3連単マルチと

調教が抜群だったサウンズオブアースの複勝で夢を見ていました。

最高目ではありませんでしたが、気持ちよく年を越せそうです。

あっ!ホープフルステークスがまだありますね。

(キャリーオーバーのWIN5もです。)

どうも有馬記念が最後でないのは調子が狂います。(笑)

 

出資馬にも動きがありますね。

まず、いいものから。

ディーパワンサがようやく帰厩しました。

いや~長かった。

気が付けば弟君がGIで一番人気になってましたね。

負けじとこれからいい走りを見せてほしいです。

まずは、ゲート試験ですね。

フェリシタシオンも年明けの競馬にスタンバイ。

まだアナウンスはありませんが、

1月5日の芝2000メートル戦からあるかもしれませんね。

コメントはやや辛めですが、タイムはなかなかだと思います。

この馬に頑張ってもらわないと来年は真っ暗ですわ。

ヴァルディノートも帰厩して、年明けにスタンバイ。

準オープンで奮闘したメサルティムも続戦予定。

ここまでは順調です。

 

そして、残念なのは、ラルムドールが惨敗して骨折判明。

また半年休養だそうです。

ん~うまくいきませんね。

ようやくこれからと思ったら、またですわ。

ただ引退にならなかったのは、

まだまだクラブも期待している証でしょう。

夏の中京でまた見てみたいものです。

それから、ラプソディーアは熱発でまた帰厩が延びています。

気性的にも使えるときに使ってくれないと、

好調期間が短い馬ですからね。

友道厩舎だから仕方ないのですが、

そろそろ若手にバトンタッチも検討して欲しいです。

 

そして、一番寂しかったのが、

ディープブリランテ社台スタリオンステーションを追い出されたこと。

これはショックでしたわ。

追い出されたか「栄転」なのかはわかりませんが・・・。

少なくとももう見学はできないんですよね。

昨夏に面会したのが、最後になってしまいました。

産駒の成績が頭打ちでクラブにもだんだん回ってこなくなっていたので、

覚悟はしていたんですが・・・。

これから産駒が活躍して、

リーチザクラウンみたいになってくれればいいなあ。



遅くなりましたが・・・

キャロットの募集に追われて、

紫苑ステークスに挑戦したメサルティムについての

記事を書き込んでおりませんでした。

結果は皆さま、ご存じの通り。

残念ながら、秋華賞への切符は取れませんでした。

このレースは位置取りが全てでしたね。

スタート直後に寄られ、下げざるを得なくなってしまいました。

もう少し前目で競馬が出来たら、結果はわからなかったと

思うんですけどね。

でも、これが競馬。

「タラレバ」はなんですよね。

小柄な牝馬なので、馬体などに問題ないことを願っております。

今週はラプソディーアがスタンバイ。

得意の1400メートル戦に相性のいい藤岡康太を迎えて、

準オープンへの再昇級を狙います。

ワントゥワンに負けじと頑張れ!!



サングレーザー、重賞3勝目!!

昨日の札幌記念では、準出資馬のサングレーザーが優勝。

うれしい重賞3勝目となりました。

内枠が当たり、ドン詰まりの予感がしていました。

そしてその予感通り、残り200メートルの時点ではまだ前に壁。

スムースに外からマカヒキが追いこんできて、

これは厳しいなと思った瞬間でした。

一頭分の狭いスペースを割って伸びてきてましたね。

見事にハナ差でダービー馬を抑えました。

この馬、本当に瞬発力がありますね。

パトロールで見るとよくわかりますが、

あの一瞬で割れるというのはなかなかのものです。

前半少しかかり気味にも映りましたが、

何とか2000をこなしてくれました。

この後は、天皇賞→マイルCSでしょうか。

秋が楽しみでなりません。

 

一方、私名義の馬たちは見事に人気を裏切ってくれました。

メサルティムは謎の惨敗。

原因がよくわかりません。

距離のカベでしょうか。

ヴァルディノートラプソディーアは、

北村友一が同じ様に流れに乗れず、

絶望的な位置取りからでした。

ただ、最後の脚はなかなかだったので、

また次回以降楽しめそうです。

 

いや~、一頭くらいは勝つかと思ったんですけどね。

私のディープインラヴ以来の勝利はいつ訪れるのでしょう。