「ラプソディーア」カテゴリーアーカイブ

来週は夏祭り!

私は夏生まれなのです。

だからかは知りませんが、基本的に冬より夏の方が好きです。

あくまで去年までは・・・。

今年の暑さは本当に尋常じゃないですね。

朝、出勤時から猛烈な不快感が・・・。

帰宅が遅いときでもまだ30度超え。

これは体に堪えます。

秋競馬の中山、阪神のファンファーレが恋しいですね。

 

閑古鳥がないていた我が出資馬ですが、

帳尻を合わせるかのごとく、来週は夏祭りです。

 

まずは、新馬戦が見どころの満載だったキアレッツア

新潟マイル牝戦にて初勝利を狙います。

馬体重が減りそうというのが気になりますが、

前走の内容ならば、直線が長い舞台で勝ち負けでしょう。

 

そして、ヴァルディノートが小倉のダート1700戦へ。

斤量ももらえるし、この時期の500万なら、

これも十分勝ち負けでしょう。

 

そして、ラプソディーア戸畑特別へ向かいます。

これは正直未知数です。

最近、ズブ目なのに、スプリント戦についていけるか。

そして、既にピークアウトしていないか。

馬体的にもあまり増えていなさそうなので、

期待は薄いのかな。

でも、いずれも3口持っている馬なので、

全部勝てばおいしいことになりそうです。

 

そして、夏祭りのフィナーレはサングレーザー札幌記念

これは明日の追い切りと登録馬の馬柱を見て、

週中に見解を更新したいと思っています。

 

そして、メサルティムも帰厩しています。

まだ公式の発表はありませんが、紫苑ステークスに向かいそうですね。

関東の大将、アーモンドアイがいませんし、

少しは楽しみが持てそうですね。

 

社台・GIの2歳馬もようやく軌道に乗ってきましたし、

あと少しで馬券のみの楽しみから解放されそうです。



更新が滞ってしまいました

ちょっと油断すると日時がすぐにたってしまいます。

特に出資馬の動向もなく、

週末もあまり競馬に関係なく過ごしておりました。

今週末は台風なので、どっぷり競馬三昧の週末にしようと思っています。

 

さて、もぬけの殻だった我が出資馬の入厩状況ですが、

ようやくラプソディーアヴァルディノートが帰厩しました。

ラプソディーアは降級して小倉の1200メートル戦を使うようです。

個人的には最近行き脚がつかなくなってきていたので、

距離は伸ばすのかなと思っていましたが、

そこはダービー2勝トレーナーの判断を信じたい所です。

ヴァルディノートは小倉のダート1700メートル戦が本線でしょうが、

せっかくなので直線競馬を一回試して欲しい気もします。

ヨハネスブルグ産駒が得意の舞台ですからね。

 

2歳勢は相変わらず、脱北の気配がありません。

テメノスはようやく軌道に乗ってきましたが、

まだまだかかりそうな印象です。

年内にデビューできるかどうかくらいかな。

グラウクスは結構速い時計は出しているものの、

「絞れない」の連続です。

あとは厩舎でお願いしますといいたい所ですが、

西園先生だから仕上がらないと入れてくれないんですよね。

フェリシタシオンは馬に合わせて、ゆっくり進めていくようですね。

15秒までに意識的におさえている印象です。

というわけで今年は2歳が遅れていますが、

その分楽しみが後にとってあるとポジティブに考えていきたいです。

 


日常に戻って・・・

多忙を極めた選馬戦もとりあえず一区切り。

来週の金曜日まで祈りながら待つだけです。

前回の更新で伏字にしていた社台の第二希望は、

パールサイドの17です。

おそらく第一希望は玉砕なので、これが取れないと

社台難民になってしまいます。

取りたい馬が取れないから実績が上がらない、

実績が足りないから取りたい馬が取れないという

負のスパイラルに陥ってますね。

いつか、高額のディープ産駒にお布施をしないと

いけないのでしょうか・・・。

 

さて、最近この話題ばかりでしたので、

出資馬の近況を久しぶりに講評したいと思います。

まず、在厩馬はキアレッツアフェルメッツアの2頭のみ。

キアレッツアは順調そのもので福島ぼ開幕週芝1200に

北村宏騎手でスタンバイしています。

まだまだ的なコメントが出ていますが、

あまり成長力のない血統だけに、

初戦からそれなりの結果を出して欲しいものです。

 

フェルメッツアは障害未勝利戦に節の関係でなかなか出れず、

グダグダしているうちにザ石ですわ。

しばらく先になりそうです。

長引くならばこのまま引退もあるかもしれません。

 

ディーパワンサディープインラヴは屈腱炎の治療中。

メサルティムは血腫の影響で軽めの調整。

ラプソディーアは骨瘤でペースダウン。

とロクなことがありませんが、

わずかに光明が差してきたのは、

ラルムドールの復帰が思ったより早そうなこと。

近々15秒を開始できそうとのことなんです。

9月に長距離の500万を勝てれば、菊花賞挑戦

まだ捨てたものではありません。

3歳以上の出資馬で楽しみなのはそこだけですわ。

 

北海道の2歳軍団が早く始動してくれないかなあ~。