「ヴァルディノート」カテゴリーアーカイブ

ちょっとずつテンションが上がってきました

昨日のヴァルディノート圧勝の興奮が冷めやりません。

何度レースを見返してみても気持ちのいい勝ち方ですね。

あのタフな馬場を走った後だから、てっきり放牧かと思いきや、

そのまま続戦の方向の様です。

おそらく、今年からホープフルステークスに回る馬が出るため、

手薄になるであろう、朝日杯FSに間に合わせたいのでしょう。

と考えると、次走の予想はズバリ、デイリー杯ではないでしょうか。

 

昨年、ディーパワンサが勝てなかったこのレース。

是非、雪辱を果たしたいものです。

そして、そのデイリー杯に出ていた準出資馬が

今週スワンステークスに出走します。

(*準出資馬:私名義ではなく、親族名義の馬。)

サングレーザーがマイルチャンピオンシップへの切符を狙いに行くんです。

準出資馬は、正直な所、応援の熱は7掛けという所でしょうか。

条件戦で人気薄だったりすると見るのも忘れることすらあります。

しかし、この馬はGIを夢見れる馬でしかも1/40

これには応援にも熱が入ります。

浅見厩舎は日曜日にみっちり追って、水曜日は調整程度。

ということは、昨日が実質の最終追い切りですね。

本数足りなくないかと心配になりますが、

牧場できちんと乗って仕上げているんでしょう。

相手も強そうなのはレッツゴードンキくらいかな。

まだ、競馬ブックは買っていませんが、印が楽しみです。





ヴァルディノート大楽勝

不良馬場の京都競馬場3レース。

出資馬のヴァルディノート8馬身差の大楽勝を決めてくれました!

ルメールさん、ありがとう。

ゲートを出た時は「いけるかも」と思ったんですが、

その後は少し下げたポジション。

これは意図的だったのでしょうか。

馬場が悪くあの位置から届くかと心配していましたが、

4コーナーでは勝ちを確信できましたね。

しかし、8馬身差とはこれまたビックリ!

今までの出資馬の最大着差はディープブリランテの新馬戦。

この時が5馬身差だったので、更新してくれましたね。

まあ、メンバーも薄く、この馬場ですから、

上でどうかはまだわかりませんが、

距離もこのせそうですし、楽しみな馬なのは間違いありませんね。

これで、今年のキャロット2歳は、出資2頭だけですが、

早くも全勝ち上がりを決めてくれました。

あとは、ラルムドールディープインラヴ

全頭、勝ち上がりも夢ではなくなってきました。

 

そして、菊花賞の予想もしておきましょう。

はっきり言って、これほど難解なレースはないでしょう。

何が勝ってもおかしくありません。

コーナー6回の不良馬場なので、枠順と種牡馬で絞りました。

ズバリ、内枠に入ったステイゴールド産駒のボックス!

②ウインガナドル、③スティッフェリオ、⑤トリコロールブルー、

⑥マイネルヴンシュです。

この4頭、母父も長距離向きそうな馬ばかりですので、面白そうでしょ。

さすが3連単では厳しいから、馬連ボックスとします。

それでは、菊花賞 Good Luck!





出資馬に動きが出てきました

まずは、今週の芝マイル戦にルメール

スタンバイされているヴァルディノート

想定を見ると、かなりメンバーには恵まれた印象です。

ただ、坂路で52.6-13.8なんですよね。

この馬、ラストはだいたい13秒台なんですよね。

前半引っ掛るんでしょうけど、レースでは行き脚つかないし。

正直、よくわからない馬です。

距離適性も強いのか弱いのかも。

まあ、応援するしかないんですけどね。

馬券を買う方にはあまり人気を被るなら、切ってみることをお勧めします。

それから、ようやくラルムドールが入ました。祝!

ゲート試験に早く受かる様だと嬉しんですが、

このタイプは何度か落ちる気がしてならないんですよね。

あまり、何度も落ちると合格後、いったん放牧になります。

そうすると年内デビューに赤信号ですね。

2週くらいで受かるかどうかが鍵になりそうです。

それから準出資馬ですが、サングレーザーも今日帰厩しました。

スワンステークスを目指す様です。

福永騎手はアルテミスステークスに騎乗予定のため、

今回はC.デムーロになる様です。

アユサンの桜花賞が懐かしい彼ですが、来日は結構久しぶりじゃないかな。

海外では活躍著しい様なので、その手腕に期待ですね。

勝っても自分には一銭も入ってきませんが、

この馬がしばらくの一番の楽しみになりそうです。

未勝利を快勝したメサルティムは少し時間がかかりそうですね。

年内にもう1戦できるかどうかという所でしょうか。

小柄な牝馬なので、ゆっくり回復させてあげて欲しいです。