「ワラウカド」カテゴリーアーカイブ

嫌になるわ~

相変わらず出資馬の状況が芳しくありません。

 

ディープインラヴが屈腱炎になり長期離脱、

退会も含め検討中であることは、前回書きました。

この血統で17%の損傷であれば、復帰を探るのはわかりますが、

この馬しか出資していないので、会費などかなり割高なんですよね。

 

先週出走したチェアーグライドはやはり二桁着順。

在厩で出られそうなレースに出るそうです。

ん~もう投げやりですね。

「もう1回使うから諦めてくれ」という暗黙のメッセージですね。

来週から2場になり、出馬状況はどの条件でも厳しそう。

もうこのまま引退でもいいんですけどね。

 

そして、ラプソディーアは骨瘤で帰厩が延期。

友道厩舎だから仕方ないのですが、

調子のいいときに使って欲しかったな。

 

順調に使えているのは、フェルメッツアヴァルディノートくらい。

2歳もキアレッツアが7月デビューできそうですが、

他はまだ脱北の目処も立たず。

そして、早くも能力?なコメントが出ています。

 

もうすぐ社台グループの募集が始まりますが、

今年はテンション低く迎えそうです。

 



今日は淀の長距離王者決定戦!

昨日の青葉賞に出走したディープインラヴは10着に敗れてしまいました。

何とかプラマイゼロの馬体重での出走となりました。

パドックではややチャカつき気味でしたね。

逃げると思われていたダブルフラットが行き脚つかず、

ハナを切る形に。

向正面で突き放しにかかった時には、

「あるかも!」と思ったのですが、

勝負所で競りかけられる厳しい展開に。

直線に向いた時にはもう余力がなかったですね。

まだまだ実力不足を痛感させれました。

夏に大きく成長しての秋に期待ですね。

 

さあ、今日は天皇賞春が行われます。

キタサンブラックが引退して、王者不在。

今回は小粒なメンバー構成ですね。

GI馬が1頭しかおりません。

そして適正のはきりしない馬も多く、かなり難解なレースです。

(最近、難解、難解とばかり言っている気もしますが(笑))

こういうレースでは、どの馬の馬券を買うかという前に、

まず馬連ボックスで買うというのが決まります。

確固たる軸馬が不在だからです。

そして、過剰人気になっている馬を難癖つけて、切っていきます。

まず、⑪シュヴァルグラン

唯一のGI馬で鞍上がボウマン

人気になるのもわかるんですが、

大阪杯の負け方がやはり気になります。

そして、大阪杯を使ったことで、引っ掛かってしまうのではないかと。

もう20年前になりますか・・・、

メジロマックイーンって馬がおりまして・・・。

それから⑭アルバートも外します。

長距離適正が高いのは認めましょう。

でも戦ってきたメンバーが弱すぎます。

これ以上の成長も見られないでしょうし・・・。

あとは人気所を中心に組んでいきます。

強いと言われている4歳世代から、

②チェスナットコート⑧クリンチャー⑩サトノクロニクルを厚めに、

抑えで、⑥ガンコ⑫レインボーラインまで。

あとは、長距離戦なので、パドックで入れ込みがきつい馬を外す作戦です。

それでは、ゴールデンウイークの豪遊資金をがっつりかせぎましょう。

天皇賞春、Good Luckです!



ディープインラヴ、青葉賞出走確定!

京都新聞杯との両睨みであった

ディープインラヴ青葉賞出走が確定しました。

ワラウカドの会員限定の情報の出し方は結構好きですね。

社台系クラブの様に何曜日に定期更新という形ではなく、

情報が入り次第、転載不可でギリギリの情報を出してくれています。

頭数が少ないからこそでもあるかもしれませんが・・・。

さて、話題がそれましたが、このレース抽選確率は9/10でした。

まさか落ちないだろうという思いと、

強そうな1勝馬が落ちてくれないかなという邪な気持ちが

入り混じっていましたが、

落ちたのはサンデーの良血馬でしたね。

「ダート馬は引っ込んでろ」的な発言もWeb上でみかけましたが、

ダービーに出走したい思いは皆同じですからね。

1勝馬の本馬には賞金云々は関係ない話です。

とにかく2着に入れるかどうか。

それだけです。

人気は5~6番人気といった所でしょうか。

有力馬が後方なので、展開次第では十分チャンスはあるでしょう。

イメージ的には、6年前思い出のダービーのときの

トーセンホマレボシの様な乗り方です。

輸送で大きく馬体重が減らないことを祈っています。

何とか権利をとって、5月27日、府中に乗り込みたいです。