「社台RH・サンデーTC」カテゴリーアーカイブ

やっぱりなあ

昨日、社台・GIの抽選結果が届きました。

やはり今年も抽選落ちしてしまいました。

大体1/10くらいの確率だったので、

ほぼ諦めてはいましたが、

毎年抽選落ち続きなので、

そろそろ当たってもいい期待も少ししていたのですが・・・。

ということで、今のところ、

確定したのは、パールサイドの17のみです。

まずは、お仲間さん、よろしくお願いします。

 

GIは先行受付の権利があるのですが、

そこはパスします。

予算に少し余裕があるので、

キャロットまで待つか、

GIで全く売れ残っている隠し玉2頭をWatchし続けるか、

検討していきます。

日常に戻って・・・

多忙を極めた選馬戦もとりあえず一区切り。

来週の金曜日まで祈りながら待つだけです。

前回の更新で伏字にしていた社台の第二希望は、

パールサイドの17です。

おそらく第一希望は玉砕なので、これが取れないと

社台難民になってしまいます。

取りたい馬が取れないから実績が上がらない、

実績が足りないから取りたい馬が取れないという

負のスパイラルに陥ってますね。

いつか、高額のディープ産駒にお布施をしないと

いけないのでしょうか・・・。

 

さて、最近この話題ばかりでしたので、

出資馬の近況を久しぶりに講評したいと思います。

まず、在厩馬はキアレッツアフェルメッツアの2頭のみ。

キアレッツアは順調そのもので福島ぼ開幕週芝1200に

北村宏騎手でスタンバイしています。

まだまだ的なコメントが出ていますが、

あまり成長力のない血統だけに、

初戦からそれなりの結果を出して欲しいものです。

 

フェルメッツアは障害未勝利戦に節の関係でなかなか出れず、

グダグダしているうちにザ石ですわ。

しばらく先になりそうです。

長引くならばこのまま引退もあるかもしれません。

 

ディーパワンサディープインラヴは屈腱炎の治療中。

メサルティムは血腫の影響で軽めの調整。

ラプソディーアは骨瘤でペースダウン。

とロクなことがありませんが、

わずかに光明が差してきたのは、

ラルムドールの復帰が思ったより早そうなこと。

近々15秒を開始できそうとのことなんです。

9月に長距離の500万を勝てれば、菊花賞挑戦

まだ捨てたものではありません。

3歳以上の出資馬で楽しみなのはそこだけですわ。

 

北海道の2歳軍団が早く始動してくれないかなあ~。

 



爽やかな土曜日

最近、雨模様の日々が続いておりましたが、

久しぶりに気持ちのいい朝の庭で更新作業をしております。

実は気持ちのいい理由がもう一つありまして、

今月から土曜日の仕事がなくなりました。

まあ主目的はいわゆる大人の事情ってやつですが、

この趣味をしている私にとって土曜日の仕事というのは、

イジメ以外の何物でもない。

出資馬がグリグリのときでも、トイレでこっそり実況を見るという

寂しい生活にも終止符が打てました。

これからは可能な限り、土曜日の重賞の予想もアップしていきたいと

思っていますのでよろしくお願いします。

 

今週は準出資馬サングレーザー安田記念という

ビッグイベントがありますが、

これは明日にでも見解を述べたいと思います。

 

さて、最近閑古鳥がないていた当ブログの閲覧数が

一昨日あたりから、ジャンプアップしています。

サングレーザー絡みというよりは、

社台系クラブ募集を控えてというところでしょうか。

PDFをザッとは見ましたが、

まだまだここで述べれるほどの下地はできておりませんので、

しばしお待ちください。

カタログが届いて、動画を一通り見てからになると思っています。

とりあえず、ロードカナロアの牝馬でなんかいいのがいたらなあとは

思っていますが・・・。

 

では、ここから土曜重賞展望行きましょう!

今日は鳴尾記念ですね。

阪神2000メートル内回り少頭数、しかも開幕週ということで、

本来は前に行く馬を中心に組み立てたいところですが、

マルターズアポジーを筆頭に逃げ馬が多すぎる!

ということで、セオリーに逆らって決まりては差しとみました。

軸は絶好調友道厩舎の⑤トリコロールブルーとします。

中距離では3連勝中、体質も強化され、強い負荷を掛けられるように

なったそうです。

相手は②トリオンフかな。

そうするとあまりつかないので、ここは馬連1点勝負ですね。

 

東京9レースではチェアーグライドが距離を伸ばして出走してきます。

レース選択にも投げやり感がプンプンします。

「去勢して3回使ったからもう勘弁してください」

という厩舎の暗黙のメッセージが見て取れます。

おそらく、惨敗したらこれで引退でしょう。

そして、おそらく惨敗するでしょう。

最後の雄姿を目に焼き付けてあげねば!!