「社台RH・サンデーTC」カテゴリーアーカイブ

出資馬に動きが出てきました

まずは、今週の芝マイル戦にルメール

スタンバイされているヴァルディノート

想定を見ると、かなりメンバーには恵まれた印象です。

ただ、坂路で52.6-13.8なんですよね。

この馬、ラストはだいたい13秒台なんですよね。

前半引っ掛るんでしょうけど、レースでは行き脚つかないし。

正直、よくわからない馬です。

距離適性も強いのか弱いのかも。

まあ、応援するしかないんですけどね。

馬券を買う方にはあまり人気を被るなら、切ってみることをお勧めします。

それから、ようやくラルムドールが入ました。祝!

ゲート試験に早く受かる様だと嬉しんですが、

このタイプは何度か落ちる気がしてならないんですよね。

あまり、何度も落ちると合格後、いったん放牧になります。

そうすると年内デビューに赤信号ですね。

2週くらいで受かるかどうかが鍵になりそうです。

それから準出資馬ですが、サングレーザーも今日帰厩しました。

スワンステークスを目指す様です。

福永騎手はアルテミスステークスに騎乗予定のため、

今回はC.デムーロになる様です。

アユサンの桜花賞が懐かしい彼ですが、来日は結構久しぶりじゃないかな。

海外では活躍著しい様なので、その手腕に期待ですね。

勝っても自分には一銭も入ってきませんが、

この馬がしばらくの一番の楽しみになりそうです。

未勝利を快勝したメサルティムは少し時間がかかりそうですね。

年内にもう1戦できるかどうかという所でしょうか。

小柄な牝馬なので、ゆっくり回復させてあげて欲しいです。

 



ようやくラルムドールが入ります!

9月に入厩するはずだったラルムドールがようやく今週、

入厩することになりました。

多分、仕上げに思いのほか時間がかかったのでしょう。

山元TCで13秒まで出していたので、

おそらく「本気にならない点」もだいぶ解消されたんでしょう。

っていうか、そう信じています。

即ゲート合格というタイプではなさそうなので、

11月上旬にゲート合格くらい、おそらくそのまま進めるでしょうから

デビューははやくて12月の阪神でしょうかね。

そういえば、夏に見学に行った社台Fでも、

京都の速い馬場よりは、阪神の方がいいと仰っていました。

 

ディープインラヴももう少しかかりそうなので、

まだまだ待ち遠しい日々が続きますが、気長に待つしかないですね。

本当にこの趣味は気の長い人にしか出来ないよなあとつづく思う

今日この頃です。



今年は社台のパーティーに行けません

今年は、関西圏での開催で、

結構、楽しみにしていたんですけどね。

残念ながら欠席となってしまいました。

行かれる皆さん、楽しんできて下さい。

僭越ながら、はじめて行かれる方、それも一人で行かれる方に

体験談的なアドバイスをさせていただきます。

例年、立食パーティーです。

一人で行くと開始まではこのうえなく孤独です。

有名馬主さんなんかもいたりして、場違い感は半端なかったですね。

ただ、酒がほどよく回ってくると、

(もちろん手酌です。誰もついでくれません。)

勢いがついて、色々な先生や騎手、牧場関係者に話かけられました。

基本的に皆さん、とても気さくに話を聞いてくれます。

何とか自分の出資馬との関わりを思い出して、聞いてみて下さい。

私も数年前に1回だけ乗ってもらった馬の話をふってみましたが、

ちゃんと覚えていてくれましたよ。

(これは、鮫島良太騎手との話です。)

調教師はわりと長めにフロアーにおられますが、

騎手、特に人気騎手はフロアーに一瞬でもいたらラッキーと思って下さい。

2年前に出席したとき、ルメール、デムーロが2人そろって、

フロアーにいたのですが、日本語通じるかなと尻込みしていたら、

チャンスを失ってしまいました。

基本的に狙った人物が空くのを待って、

空いたら「~~でお世話になってます」。って感じで話かけてみてください。

ちなみに調教師10人以上、騎手4名、牧場関係者多数と会話できましたが、

会員の友達は一人もできませんでした。

秋華賞に出資馬がいて、そのままパーティーに行けたら最高ですよね。