「チェアーグライド」カテゴリーアーカイブ

な~んにもいいことありませんでした

先週の出資馬の出走について回顧していきましょう。

結論から言うと、何にもいいことありませんでした。

まあ、予想通りなんですけどね。

 

チェアーグライド

ゲートの出があまりよろしくなく、押して先団へ。

外から来られると完全に走るのをやめていますね。

直線向いた時点で相撲にチャンネルを切り替えたくらいでした。

次はダートの1700メートル戦をということ、福島を使うんでしょうね。

そんなことで変わり身あるのかな。

去勢?障害?もう一回芝?

もう、引退でいい気もするんですがね・・・。

 

ヴァルディノート

これはゲートにつきますね。

短距離であの出遅れは致命的です。

その後の二の脚も全くついていませんでした。

最後の直線ではいい脚を使っているだけに勿体ないですよね。

この馬を何とかするのが、師の腕の見せ所な気がします。

「縛る」と言っているので、続戦でしょうね。

次こそは、勝ち上がってほしいものです。

 

間もなく、キャロットの2次募集の電話合戦が始まります。

私は参戦しませんが、申し込むみなさん、電話頑張ってください。

何分で完売になるか楽しみにみています!

 

 



今週の出資馬動向

チェアーグライド

前走、田中勝春騎手の積極的な試しが

空振りに終わってしまいましたが、

矢野師の「間隔空けずに使えるだとう」という読みで、

今週の出走にこぎつけました。

今回は津村騎手で出走します。

8分の2の抽選だったので、運は持ち併せている様です。

来週はダート1200メートル戦は一鞍しか組まれておらず、

再来週からは東京、新潟と左回りが続くので、

今週除外になっていたら、福島まで適鞍がなかったのです。

そういう意味では、この滑り込めは大きかったですね。

あとは、枠運のみ。

津村騎手は逃げの手に出てくれると思うので、

外枠を引いてくれれば、巻き返しもあるかもしれません。

 

ヴァルディノート

日曜日の阪神1400戦にルメール騎手で出走します。

追い切り本数がもう一本欲しい様なので、

素質だけでどこまで通用するかという所でしょう。

こちらも今週スキップすると、次は10/9の京都まで適鞍がないんですね。

一本足りない分、追い込んで届かず2着、3着なんて想像が頭をよぎります。

また過剰人気するならば、馬券的には外してみてもらった方がよさそうです。

 

サンラファエル

予想通り、10月1日の最後のスーパー未勝利戦になりました。

鞍上は浜中騎手で。

この日はルメールはいませんが、

GIの日なので、騎手は選びたい放題ですよね。

今週もスーパー未勝利は除外ラッシュですが、

さすがに7/2以来の間隔なので、大丈夫でしょう。

いつもはコメントが渋い武井師も今回はわりと自信ありげにうつります。

最後の幸運を是非掴みたいですね。

 

ディープインラヴ

いよいよ移動です。

9月下旬に吉澤ステーブルWESTから、入厩まですすめるようですね。

11月のデビューを目標にする様です。

コメントからは、もっと早く仕上がってはいたが、

厩舎事情で待機となっていた様ですが、

これは矢作厩舎なので、出資が決まった時点で

織り込み済、ここからの手腕に期待です。

「一回も馬体がくずれることなく、青写真通りに育った」

「ブリランテに他の兄弟より、一番いい」

などワクワクさせてくれるコメントが出ています。

いよいよ真打の登場に胸が高まります。

 

 

 



秋競馬がはじまりましたね。

中山、阪神のファンファーレを聞くと秋を感じますね。

昨日は早速、紫苑ステークスが行われました。

これは大荒れのレースやわと思い、

当たったら社台の馬が3頭買えるくらいの

大穴3連単馬券を握っていましたが、

そんな夢が現実になることはありませんでした。

勝ったのはディアドラ

そう、今年、募集されていたライツェントの16の姉ですね。

私は申し込みしていませんが、準出資馬になりそうなんですね。

(準出資馬:家族名義の馬のことです。)

いい先物買いができましたね。

 

今日のレースは、まずチェアーグライドの応援から。

待望のピンク帽です。

この馬、外に馬が来ないことが好走条件。

外目の4~5番手に付けられれば、掲示板くらいないかな。

 

久しぶりにレース予想も。

まず、セントウルステークスは小粒なメンバー構成。

ビッグアーサーはどうしたんだっけ??

ここは春の実績を重視して馬券を買います。

軸はメラグラーナ。

フィドゥーシア、ダンスディデクターまで抑えておけばいいかと。

馬連3点で仕留めます。

高松宮記念の前哨戦と夏競馬では格が違うと見ました。

 

次いで、京成杯AH

マルターズアポジーがハナを切り、ボンセルヴィーソも前へ。

流れ早くならないですかね。

そこで、開幕週ですが、差し馬を狙ってみます。

でも、グランシルクはなんか2~3着な気がする。

そこで、穴馬の登場。

アスカビレンなんていかがでしょう。

不祥事から復活した松田騎手の涙を見ようではありませんか。

 

それでは、秋競馬2つ目、皆様グッドラック!