「ディープブリランテ」カテゴリーアーカイブ

一口馬主ライフ いろは 最終回

北海道訪問記を挟んだため、

間隔があいてしまったこのコーナーも最終回。

今回は「引退」についてです。

出会いがあれば、別れもあり。

寂しいですが、この瞬間はどの出資馬にもいつか訪れてしまいます。

 

まず、わかりやすい牝馬から。

牝馬は繁殖に上がれるかどうかが鍵になります。

繁殖に上がれる場合は、出資代金の10%で牧場が買い戻しになります。

これは、GI馬だろうが、条件馬だろうが同じです。

なんか損した気分になりますよね。

ただ、良血馬は事故でもない限り、繁殖に上がれるので、

良血牝馬を買う際には、90%の値段と計算してみてもいいかもしれません。

実際、うちのリュラも未勝利でしたが、7000万円の10%で

ノーザンファームに戻っていきました。

そして、繁殖に上がれない牝馬は、まず健康面に問題なければ、

地方競馬オークションに出されます。

手数料をひかれた残りを出資者に分配されるんですね。

これは未勝利馬でも牡馬でも同じです。

数十万で落札できるので、申し込んでみようかという衝動に

駆られたことがありますが、その後の成績も見ていると、

あまり元は取れていない様ですね。

次に牡馬ですが、高齢で引退する様な馬は、

基本的に無償に近い額で乗馬クラブに出されたりします。

正直、そこから先はあまり知らない方がいい世界なのかもしれません。

そして、牡馬で最高の勲章が種牡馬入りですね

うちの馬では、先にも後にもディープブリランテだけです。

この時は、数億円で売却されました。

手数料(40%も取られるんですよ!)がひかれた残りが、

出資者に分配されます。

これを1年間で受け取ると税金が大変なので、

5年間に分けていただきます。

ちょうど、今年が最後になってしまうのですが、

ありがたい不労所得ですよね。

額は、大体1回60~80万円くらい。

5年間で漸増していく形になります。

代金は8月ごろに振り込まれます。

そう、ここ5年は、私が出資した1歳の代金くらいなのです。

ただで、出資できている様な感覚ですね。

これが、オルフェーブルドゥラメンテだったら、

どんな額になるんやろうと妄想してしまいます。

でも、貴重な種牡馬入りの体験をできているだけで私は幸せ者、

贅沢を言ってはいけませんね。

 

さて、このコーナーも本日で最終回。

お付き合いいただきありがとうございました。

 

これからは、キャロット2017年募集馬の特集が

しばらく続く予定です。

 

 

 



北海道訪問記 Part1

では、今日より北海道での情報、写真をアップしていきます。

なお、クラブの了承はとってあります。

小雨のぱらつく中での牧場巡りでした。

出資馬に会いにいくのは、5年ぶり3回目かな。

毎回、毎回、迷うのですが、案の定、今回もかなり迷走しました。

しかも、トイレピンチまでおまけでついてきて・・・。

いや~、コンビニも全然ないんですもん・・・。

 

社台スタリオンステーション

まずは、ここからスタートしました。

一般客の方に行ってしまって、遅刻してしまいました。

関係者の皆様、一緒に回った会員様、ごめんなさい。

ところで、スタリオンステーションって一般以外で見学できましたっけ?

5年前は一般用の放牧地から眺めただけっだ気がするんですが・・・。

当時知らなかっただけか、その後見学できる様になったのかは

定かではありませんが・・・。

厩舎まで見せていただくと、本当に感動の連続です。

だって、ドリームレースのような馬たちばかりだもん。

そのなか、一番のお目当てはもちろん ディープブリランテです。

ダービーの日以来の再会におもわず目頭が熱くなりました。

今、こうして一口馬主を楽しめるのもブリランテのおかげですからね。

「ありがとう」と感謝の気持ちをしっかり伝えてきたつもりです。

正直、いつ出ていくことになるかと心配したいたのですが、

初年度から重賞勝ち馬が出たので当分は大丈夫、

来年くらいからクラブのラインアップも増えるかもとのことでした。

他にも、キングカメハメハ、ロードカナロア、オルフェーブル、

ハービンジャー、ノヴェリストなど目白押し。

普通に、キングカメハメハが丸洗いされている光景がそこにあるのです!

ひとつ残念なのは、写真をたくさんとったが、

どの馬かわからなくなってしまったこと。

私の眼ではさすがに毛色だけでは、区別つかないんですよね。

区別クロフネ(笑))

ちなみに、放牧中の1歳馬でも、スタッフさんは区別がつくのだそうです。

そして、ディープインパクト

ディープの馬房には、専属の警備員さんがついていました。

そりゃそうですわ。何十億円の資産ですからね。

 

今日の写真はディープブリランテと寝そべっているディープインパクトです。

 

 

ディープブリランテ産駒、重賞初制覇!!

昨日は、この話題に触れないといけませんでしたね。

ダービーオーナー(一口ですが・・・)にしていただいた、

ディープブリランテの初年度産駒から、重賞馬が誕生しました。

シルクのセダブリランテス

出資者の皆様、おめでとうございます。

私も感慨深いです。

中京競馬場のモニターの前でサトノクロニクルの馬券を握りしめ、

大雨のなか呆然としていましたが・・・。(笑)

ふと我に返って、「ブリランテじゃん!!」

種牡馬にとっても厳しいご時世。

社台スタリオンステーションの花形だった、ネオユニバース、

ゼンノロブロイ、シンボリクリスエス、スペシャルウィークはもういません。

ネオはもう去勢されたんだっけ??

クラブの募集馬もブリランテ産駒ははやくもわずかになってきています。

お払い箱になる日も近いんかなあと嘆いておりましたが、

これで少し安心できますね。

うちのラプソディーア、ディーパワンサをはじめ、リカビトス

ナイトバナレットと重賞に手が届きそうな馬がたくさんいます。

と名前を挙げてみると、全部、ノーザンの生産馬やね。

以前、某関係者が仰ってました。

種付け料が安いので零細牧場が配合考えずに付けまくっていると。

勝ち上がり率は悪いかもしれないけど、

配合考えてつけた馬は期待できますよと。

余裕があれば、今年募集馬のブリランテ産駒の売れ残りに注目です。