「GIレーシング」カテゴリーアーカイブ

サングレーザー、マイラーズッカップへ

今週末は、準出資馬サングレーザー出走のマイラーズカップがあります。

再三申しておりますが、この馬は家族名義の馬なので、

私には賞金は一切入らないのですが、

40口系クラブのオープン馬は応援にもかなり熱が入ります。

しかし、今回はちょっと厳しいかなという印象です。

開幕週の高速京都、エアスピネルより1㎏重く、

鞍上が追い込み苦手な福永騎手

そして、珍しく日曜日の併せ馬で格下馬に先着されているんですよね。

極端な内枠さえひかなければ、大負けはしないと思いますが、

大外ブン回して4~5着という展開がうかんでしまいます。

GIへのたたき台なので、それで十分と言いたい所なんですが、

賞金面が心配なんです。

ダービーの翌週、まさに安田記念の週から、

4歳馬が本賞金が半分にされてしまいます。

いわゆる降級制度です。

例年4歳馬は安田記念除外のエプソムカップ

というローテが目につきます。

エアスピネルには先着は仕方ないにしても、

何とか2着で賞金加算してほしいです。

 

さて、先日下記の本を読んでみました。

以前週刊競馬ブックに連載されていたものをまとめた様ですが、

馬運車では前向きと後ろ向きでどちらがいいのかなど、

馬の習性などを統計的に研究しているなかなか面白い本でした。

よかったら読んでみてください。

 

 

サングレーザー、重賞制覇!!

昨日、スワンステークスに出走したサングレーザー

外の方がいい馬場でしたが、内枠からでなかなか外に出せず。

直線も馬場の悪い所しか進路が取れませんでした。

しかし、そこから鋭く伸びて、待望の初重賞制覇を飾りました。

ありがとう、クリスチャン

これで、マイルCSへの優先出走権を手にしました。

この馬、私の名義ではないんですが、久しぶりにゴール前熱くなりました。

まだ3歳ですし、怪我さえなければ、長く楽しませてくれそうです。

もちろん馬体に問題なければ、マイルCSへ向かうんでしょうが、

結構厳しい競馬のあとなので、無理はしなくてもと思います。

来年、再来年と長く楽しみたいですからね。

阪神カップ、あるいは来年に備えてもいいとも思っています。

その辺りは、浅見師がしっかり見極めてくれるでしょう。

まずは、関係者の皆様、ありがとうございました。

 

今日は、天皇賞の予想もしておきますね。

現在、東京競馬場は重馬場発表。

最終的には不良までいくでしょうか。

いずれにしても、予想は難解です。

最近、わかりやすいレースって少ないよね。

京都メインのカシオペアステークスなんかは、わかりやすいレース。

重馬場といえば、キョウヘイ

と思ってたら、出走取消だし・・・。

重馬場適正、枠順考えると、軸は②サトノクラウンかな。

2000は苦手なイメージもあるが、たぶんかなり4角で外を回ることになり、

正味2000メートル以上のレースになるでしょう。

というわけで、マイラーっぽい馬はすべて消します。

相手は叩き2走目に強い⑫ステファノスが筆頭。

あとは抑えで⑤ヤマカツエース、⑧レインボーライン、⑬グレーターロンドン

人気馬が少ないので、馬連ボックスで十分でしょう。

それでは、天皇賞秋、Good Luck!!

 

 





ちょっとずつテンションが上がってきました

昨日のヴァルディノート圧勝の興奮が冷めやりません。

何度レースを見返してみても気持ちのいい勝ち方ですね。

あのタフな馬場を走った後だから、てっきり放牧かと思いきや、

そのまま続戦の方向の様です。

おそらく、今年からホープフルステークスに回る馬が出るため、

手薄になるであろう、朝日杯FSに間に合わせたいのでしょう。

と考えると、次走の予想はズバリ、デイリー杯ではないでしょうか。

 

昨年、ディーパワンサが勝てなかったこのレース。

是非、雪辱を果たしたいものです。

そして、そのデイリー杯に出ていた準出資馬が

今週スワンステークスに出走します。

(*準出資馬:私名義ではなく、親族名義の馬。)

サングレーザーがマイルチャンピオンシップへの切符を狙いに行くんです。

準出資馬は、正直な所、応援の熱は7掛けという所でしょうか。

条件戦で人気薄だったりすると見るのも忘れることすらあります。

しかし、この馬はGIを夢見れる馬でしかも1/40

これには応援にも熱が入ります。

浅見厩舎は日曜日にみっちり追って、水曜日は調整程度。

ということは、昨日が実質の最終追い切りですね。

本数足りなくないかと心配になりますが、

牧場できちんと乗って仕上げているんでしょう。

相手も強そうなのはレッツゴードンキくらいかな。

まだ、競馬ブックは買っていませんが、印が楽しみです。