「調教師 評価」カテゴリーアーカイブ

調教師の個人的評価 パート7

今日はまだ1頭しかお世話になっていないが、

これからご縁もあるかもしれない若手の関東調教師を紹介

 

黒岩陽一調教師

ナナイロボタンという馬でお世話になりました。

若いのにもうすでに重賞を2つも勝っておられますね。

「ミュゼ」の印象が強いのですが、現役では2頭だけなんですね。

ナナイロボタンは2回目の骨折で引退してしまいましたが、

レースの使い方には不満はありませんでした。

ほどよく間隔をあけて、放置もせずに・・・。

外厩での馬の状態もよくチェックしてくれていましたし。

ただ、騎手選びはクラブに気を使ってか、

上位騎手にこだわりすぎている印象がありました。

減量騎手でも結果を出してくれた騎手は続けて欲しいなとは思ってました。

でも、熱心な先生でこれから伸びる方だろうなと思っています。

 

奥村武調教師

この先生は個人的な感情を抜きには語れません。

お世話になったのはルミナスティアラという馬。

そう、先日函館記念を勝ったルミナスウォーリアの全妹です。

一口生活最初で最後にしたいレース中の予後不良になってしまったんです。

というわけで、もちろんあんまりいい印象はもっておりません。

出走週のクラブの写真を見ると、かなりガレた状態だったんですよね。

関係あるかはもちろん結果論ですが、

とてもレースに使える状態ではなかったのではと思っています。

私の勝手な推測では、

全兄のようにじっくり育てていきたい天栄の方針に反して、

無理してクラシックを狙って使ってのことではないのかと思っています。

 

でも、この先生、競馬界きっての理論派のようですね。

これを反省にして、今後の調教師生活に生かしてくれたら、

天国のルミナステイアラも少しは報われるでしょう。

数年して、心の傷が癒えたころに、躍進していれば、

再度出資してみるかもしれない、そういう先生です。

 

リカビトスはブリランテの娘でもあり、応援しています。

 



調教師の個人的評価 パート6

今日は久しぶりのこのコーナー。

え~、誰行きましょうか。

ちょっと間隔が空いたので、誰について述べたか

確認しながらになっています。(笑)

 

松田国英調教師

言わずと知れた名伯楽です。

JRAのホームページの写真を見るとまだ若い!

もう67歳なんですね。

競馬場では黒の帽子をいつもかぶっています。

以前はスパルタ調教、鬼のローテーションが有名で、

タニノギムレットの皐月賞→NHKマイルカップ→ダービーって

ローテでは様々な批判もありましたね。

うちの馬ではブロードソードという馬がお世話になりました。

それほど使い詰めて脚元パンクというイメージは全くなく、

わりとバランスよく使ってくれた気がします。

パーティーでも温厚な紳士って感じのしゃべり方の先生でしたよ。

 

手塚貴久調教師

この先生、だいぶ前からいるんですが、実はまだ若いんです。

34歳で調教師免許を取得しているからなんですね。

コンスタントに30勝くらいをあげ、重賞、GIでもおなじみの先生です。

騎手起用はメインは松岡騎手の印象かな。

勝負レースでは内田騎手を使ってきます。

おそらくこの先生のせいではないのですが、うちの馬はよく故障します。(笑)

たまたま、脚元が弱い馬がお世話になっているからなんでしょうがね。

管理馬は社台系クラブ馬、マイネル系クラブ馬、モハメド殿下、

馬場オーナーなどバランスいいですね。

個人馬主に偏った使い方でもないと思っています。

現在、関東馬で丈夫そうな馬ならお願いしたい先生ですね。

 

調教師の個人的評価 パート5

え~と、次はだれにしましょうか。

出資馬、準出資馬でお世話になっていない先生の評価はしないつもりです。

長年やっていると上位の調教師には何らかのご縁があります。

しかし、池江泰寿先生だけはご縁がないんですね。

不思議なもので。

良血馬を買うことが少ないんですかね。

という前触れをしつつ、

 

 

音無秀孝調教師

昔、準出資馬でお世話になりました。

今回、ヴァルディノートで2頭目。

リーディング取ったころの飛ぶ鳥を落とす勢いはないですかね。

逆に当時は所属の生野騎手をよく起用し、

出資者はWeb上で炎上していたものです。(笑)

そんな生野騎手も今や立派な調教助手として、

よくインタビューにでいますね。

基本は仕上げは坂路。単走が多い気がしますね。

委託数多いですが、わりと使ってくれます

イメージ的には単距離馬ですね。

そのイメージにも合うから、ヴァルディノートに出資したんですが。

勝負レースでは武豊騎手の起用が多いかな。

関東では松岡騎手、関西では北村友騎手もよく使いますね。

たしか、来年デビューの騎手が来るはずなので、

来年の騎手起用は変わってくるかもしれませんが・・・。

 

西園正都調教師

ここも昔よく所属の酒井騎手を起用しすぎて、炎上していました。

昔、キャロットではレース後にレクチャーなるものがあって、

露骨に「酒井を降ろせ」なんていう会員もいたりしたものです。(笑)

そんな酒井騎手も今や立派なクラシックジョッキー

GIの裏なんかでよく活躍している印象もあります。

放置と連続使いの差の激しい厩舎のイメージがあります。

条件馬でしかお世話になっていないからかもしれませんが、

権利を取ったら、中1~2週、連投でもバンバン使ってくれます。

ただ、権利を外すと放置される期間も長い。

丈夫で堅実な走りをしてくれる馬を任せたい印象ですね。

ダートもいいのかも。