真打ち登場!!

いよいよ、我が家の真打ちが登場します。

明日の京都芝2000メートル戦でディープインラヴがデビューします。

この馬にどうしても出資したくて、半ば衝動で入会してしまったこのクラブ。

いやあここまで待たされたなあというのが第一印象ですね。

ダービーに出るなら落としている余裕はありません。

さて、勝負気配ですが、

岩田騎手が2週続けて追い切りに跨ってくれるなど、

期待感が表れていますね。

矢作先生からも兄よりスピード型兄よりピリピリしていないなど

お褒めの言葉を頂戴しております。

あとは相手関係。

しかし、ここはメンバーが揃いましたね。

我らがフェルメッツア君の妹をはじめ、

リッスンの仔などディープインパクト産駒が5頭ですか。

専門誌の印も結構割れている印象です。

正直、蓋を開けてみないとどういう結果になるかわかりませんが、

しっかり応援したいと思います。

明日は現地入りできませんが、いい報告ができます様に・・・。





またまたまた、更新が滞って・・・

すみません。

また更新が滞っていました。

アクセス数も激減しているだろうなと思ったら、

大勢来訪して下さっている日もある様ですね。

しっかりサボらずに頑張りますので、お付き合いください。

 

さて、アクセス解析からは、ディープインラヴで検索して下さっている

方が多い様ですので、まずはそのネタから。

先週の府中1800メートル戦は除外になってしまいました。

まあ、想定通りだったんですけどね。

除外確実の中、岩田騎手が追い切りにまで乗ってくれて、

登録まで名前を使わせてくれて・・・。

これには岩田騎手の深い思い入れを感じずにはいられません。

今週の競馬にスライドすることになるのですが、

府中か京都かは未定とのこと。

当初は府中の予定だったはずですが、

これには「岩田騎手が乗りたいと言って調整中なのでは?」

と妄想が膨らみます。

報知ブログによると

「兄がパワー型なら、本馬はスピード切れ型

成長は兄より遅いが素質は高い」とのこと。

この言葉にはワクワク感を感じますね。

まだ、土曜日の岩田騎手がどちらで乗るのかわかりませんが、

是非、このコンビ、いやこのトリオでもう一度夢を見たいですね。

 

あとは、ラルムドールが早くも今週帰ってくる様です。

予定通りアルメリア賞に向かうのか、

出走予定を前倒しするのかはわかりませんが、

おそらく外厩では仕上げきれずに、

厩舎にバトンタッチしたのではないかと推測します。

社台Fでも「牧場では仕上げられない」と仰っていましたから。

 

メサルティムも帰ってきてます。

これも驚きでしたね。

まだしがらきでも17秒程度、仕上がりきらずに帰厩ですね。

しばらく、乗り込みが必要です。

どういう思惑なのかわかりませんが、

荒川師もクラシックに間に合わせたいと思ってくれているのでしょうか。

 

少しずつ、楽しみな馬もスタンバイし始めて、

レースも面白いメンバー構成のものが増えてきます。

春へ向けてテンションをあげていきたいですね。



あ~勘違い!

昨日の記事で中京開催が終わったと書きましたが、

もう1週ありましたね。

私の勘違いでした。

金杯の日が3日競馬だったので、例年と感覚が違うんかな。

あんまり関係ないか・・・。

最終週の馬場のつもりで馬券を買っていたので、

当たらなかったのかなあというのは言い訳ですかね。(笑)

というわけで、今週参戦できるかもしれませんが、

気候やらテンションやら色んな要素に左右されます。

出資馬も準出資馬も1頭も来ない中京開催っていうのも珍しいなあ。