秋の淀に長距離砲が集結!

昨日の富士ステークスはかすりもせず。

大穴狙いだったので、仕方なしではあったのですけどね。

 

気を取り直して、菊花賞で一攫千金を狙いましょう。

こういう荒れそうなレース、大好きです。

でも荒れそうということは予想が難解ということ。

そもそもこのレースの存在価値って?と毎年思っています。

今時、この距離でやる意味があるのか。

やるのであれば、3000メートル以上のトライアルが必要です。

我々ファンだけでなく、関係者も距離をこなせるかの

判断材料がないですからね。

京都2400メートルでもいいのではないですかね。

 

さて、予想参りましょう!

逃げ宣言の①アイトーン

④ジェネラーレウノ⑥メイショウテッコンも前目での競馬。

スタートが決まれば、当然⑤エポカドーロも先行し、

必然的にペースは流れるでしょう。

そこで、上記前目で競馬する馬は外し、

長距離血統の中段くらいの馬を狙います。

というと、まず、⑨エタリオウが浮かびますね。

ただ、この馬は何とな~く2~3着の気がする。

ということで相手候補。

③ブラストワンピースはあの切れ味は中距離向きと解釈して、外します。

⑫フィエールマンも同様に中距離~マイラー血統な印象です。

枠順発表前は⑱グローリーヴェイスが面白いと思っていましたが、

大外では厳しいので、これも外します。

と消去法で人気所を順番に外していった結果、

⑦ユーキャンスマイル⑩アフリカンゴールド⑭グロンディオーズ

あたりで勝負してみようかと思います。

⑨エタリオウも加えて、

⑨⑩の馬連ボックスを中心に、余裕があれば3連複ボックスも購入予定。

あと長距離戦はパドックの気配も重視するので、

上記馬がもしチャカついている様だったら、

直前で入れ替えるかもしれませんが・・・。

 

というわけで菊花賞、楽しみましょう!

 



富士ステークス予想 大荒れ??

来週はいよいよグラウクスがデビューします。

地方馬中心の血統構成なのに、

中央で募集された本馬に何かを感じていたのですが、

どうやら現実になりそうです。

2週続けてCWでなかなかの時計を出しています。

今週は公式でも本文中と調教欄でタイムが大きく異なっておりますが、

少なくとも悪いタイムではありません。

私の出資馬で調教駆けするタイプといえば、

文句なくディープブリランテでした。

2歳時の追い切りタイムを比較してみると、

グラウクスの方がいいタイムが出ているんですよね。

西園厩舎でCW追いって珍しいな??

などハテナな部分はあるんですが、ちょっぴり期待しちゃっています。

 

今日は富士ステークスですね。

サングレーザー天皇賞に控えている身としては、

2つの注目点があります。

まず、エアスピネル福永騎手が騎乗するということ。

関東圏の競馬であり、スポットでの依頼ではないのでは?

マイルCSエアスピネルが福永サングレーザーはモレイラ継続。

という図式が出来上がります。

ひょっとしたら年末の香港までモレイラでいく計算なのかもしれません。

一旦騎手免許騎乗したら香港で乗れない??

その辺は知りませんが・・・。

次はペルシアンナイトがここを使ってくるということ。

別定戦ですが、59㎏です。

あまり府中のマイルが向いてそうでもありません。

大阪杯2着でもあり、天皇賞に向かうのがセオリーでしょう。

池江厩舎アルアインとの使い分け?

M・デムーロに合わせた?

GIレーシングの使い分け?

色々な憶測ができますね。

こういう所まで考えると競馬はさらに面白くなります。

さて、予想ですが、そのペルシアンナイトは切ります。

やはり59㎏での鉄砲は買えませんね。

エアスピネルは半年ぶり。

この馬も先を見据えてそうだから、アテにしづらい。

京成杯組はちょっと力足らずに思える。

ということで、⑱ジャンダルムからでいかがでしょう?

春のGIは距離が合わなかったので、度外視。

適距離だろうこの舞台で一変ないでしょうか。

相手には⑯ハッピーグリーンを抜擢。

地方馬とはいえ、中央オープンでも実績あります。

ここまで人気ないなら、一発狙ってみたいです。

3連複の⑯⑱二頭軸からの総流しで菊花賞の軍資金にしたいです。



秋華賞、予想!

昨日は久しぶりに馬券が的中しました。

収支はマイナスだったのですが、

最終レースで当たったということもあり、

何かいい気分になっています。

今日から逆襲が始まるのです。きっと。

 

昨日はちょっとした事件が起きました。

ヤフーニュースでも出ていたので、ご存じの方も多いでしょうが、

下記映像をご覧ください。

http://jra.webcdn.stream.ne.jp/web/jra/onetag/eqPcPlayer.html?target=201803040106

ん~思わず笑ってしまいますね。

しかし、Webを見ると、非難轟々、いわゆる炎上状態です。

この馬に携わる厩舎関係者、オーナー、馬券を購入していたファンからしたら、

許せないことかもしれません。

ただ、21歳の若者、決してわざとではないでしょう。

私はどちらかというと、ちょっと責め過ぎ感があります。

裁定が出るまでの無期限騎乗停止にするほどでもなあという気がします。

未成年で飲酒した木幡三男、飲酒運転した角居師に比べれば、

罪は軽い気がするのですが・・・。

彼は調教でも朝イチでやってきて積極的に手伝っていたそうです。

何とか挽回の機会を与えてあげてほしいんですが・・・。

 

さあ、それでは秋華賞の予想行きましょう。

まず、単刀直入に⑪アーモンドアイは切ります。

1.1倍というのは一抹の不安がないということ。

秋の牝馬の心変わりなんて格言もありますし、

ただでさえ、紛れの起きやすい京都2000メートル内回り。

ましてや、秋の本命はジャパンカップとのこと。

ここではそこまでの信頼度はないでしょう。

⑦ラッキーライラックは中間の過程に疑問あり。

前に行きたい馬も多く、展開も向かなそう。

そこで、⑦ラッキーライラック⑪アーモンドアイの間くらいで

競馬する内枠の馬に白羽の矢をたてます。

私の本命は②カンタービレです。

3番人気ながら、単勝が10倍超えているので、単勝を厚めに。

馬連の相手には、「同一馬主の複数頭だしは人気薄から」の格言通り、

⑤サラキア⑯プリモシーン、さらに⑬ミッキーチャームまで。

秋の京都に波乱の嵐が吹き荒れるでしょう!