「ディープブリランテ産駒」タグアーカイブ

あ~悔しい!

昨日の皐月賞では、エポガドーロが見事に戴冠。

私の予想も的中です!

でも、とった馬券は単勝だけ。

馬連はヒモが抜けていたんですよね。

「人気2頭が消えたらごめんなさい」作戦はうまくいったんですが、

サンリヴァルまではまわらなかった。

後出しジャンケンになりますが、

もう1頭相手を加えるのならば、サンリヴァルかなとは

思っていたんです、ホントに。

それだけに余計悔しい気持ちになります。

 

出資馬のフェルメッツアは好位につけるも、直線全く伸びず。

これで障害入りがほぼ決まりでしょう。

無事で息の長い活躍、夢はオジュウチョウサンとしましょう。

 

さて、今日のもう一つの話題は、

社台系クラブの募集馬リストについてです。

このブログ、社台系、キャロットの募集前が一番アクセスが多いんです。

今年も気合入れて更新していきます。

でも、まあ、リストだけだは何とも言えないんですよね。

気になるのはディープブリランテ産駒の状況です。

今年は、サンデーで牝1頭とGIで牡1頭という

寂しいラインアップになっていますね。

オルフェーヴルロードカナロアほどではないですが、

初年度から重賞勝ち馬を出して、

仕上がりもわりと早いタイプ。

スタリオンステーションでも期待している種牡馬とお聞きしていましたが、

お払い箱が近いのかなと心配になってしまいます。

入れ替わりの激しい世界だけに、

結果が出ないのならば、仕方ないのですが、

もう少し様子を見てあげて欲しいというのが親心です。

これから産駒が活躍して、来年以降頭数が増えていることを期待したいです。